このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    病害虫発生予報

    令和2年5月13日、農林水産省は、「令和2年度病害虫発生予報第2号」を発表しました。

    農林水産省ホームページ
    参照URLhttps://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/200513.html

    (令和2年度病害虫発生予報第2号のうち、中国四国地域に関係のある内容は以下のとおりです。)


    〇水稲については、中国地域で縞葉枯病(ヒメトビウンカ)の発生が「やや多い」と予想されます。

    〇麦類については、赤かび病の発生が、平年より早くなると予想されます。

    〇野菜類については、以下のとおり発生が予想されます。
    ・四国地域
      「多い」と予想
      きゅうり:うどんこ病、べと病
      ねぎ:ネギアザミウマ
      施設野菜共通:コナジラミ類

    ねぎのアザミウマ類については、ほ場の観察をきめ細かく行い、発生初期の防除を実施してください。

    〇果樹については、以下のとおり発生が予想されています。
    ・中国地域
      「多い」と予想
      かんきつ:かいよう病
      もも:せん孔細菌病 「やや多い」と予想
      なし:シンクイムシ類、黒星病
      果樹共通:カメムシ類

    ・四国地域
      「多い」と予想
      かんきつ:ハダニ類
      果樹共通:カメムシ類
      「やや多い」と予想
      かんきつ:かいよう病
      もも:せん孔細菌病

    もものせん孔細菌病については、薬剤による防除を実施するとともに、園内を注意深く観察し、り病部を確実に除去してください。

    各地域の情報の詳細は、各県病害虫防除所のホームページ等を参照してください。
    参照URLhttps://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/boujyo/120105_boujosho.html

    【ツマジロクサヨトウ対策について】

    昨年ツマジロクサヨトウの発生があった府県の一部において、ツマジロクサヨトウの発生が確認されています。
    本虫の防除には、早期発見が重要です。 県が発表する発生情報等を参考にしながら、ほ場観察を行ってください。
    疑わしい虫を見つけた場合には、県病害虫防除所又は最寄りの植物防疫所にご連絡をお願いします。  

    ツマジロクサヨトウに関する情報
    参照URLhttps://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/keneki/k_kokunai/tumajiro.html

    お問合せ先

    消費・安全部農産安全管理課

    担当者:植物防疫係
    代表:086-224-4511(内線2384)
    ダイヤルイン:086-223-7673
    FAX番号:086-224-7714