このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    面積調査(耕地及び水稲作付面積調査)の実施について

    面積調査(耕地及び水稲作付面積調査)は、職員又は統計調査員が、調査対象となった地域に出向いて毎年7月15日現在の耕地や水稲の作付状況等を現地確認する方法で実施しています。地域の皆様には、何とぞ御理解いただきますよう、よろしくお願いします。

    調査の概要

    • 調査の目的:面積調査は、農業の生産基盤となる耕地と農作物の作付けの実態を明らかにすることにより、生産対策、構造対策、土地資源の有効活用等の各種土地利用行政の企画立案及び行政効果の判定を行うための資料として活用することを目的としています。
    • 調査の対象:面積調査のうち、耕地面積調査は全国の耕地(田及び畑)を対象に、水稲作付面積調査は水稲の栽培に供されたすべての耕地を対象に、標本調査を行っています。
      全国の全ての土地を隙間なく区分した200メートル四方(北海道にあっては、400メートル四方)の格子状の区画のうち、耕地が存在する区画を調査のための「単位区」とし、この単位区の集まりを母集団(全国約290万単位区)としています。
      この中から、耕地及び水稲作付面積を推定するために必要な数の単位区を標本として抽出し、現地調査の対象としています。(標本単位区数:全国で約4万単位区、うち中国四国管内では5,573単位区)
    • 調査方法:母集団から抽出した標本単位区内の全ての筆(耕地等)について、職員又は統計調査員による実測調査により、1筆ごとに現況地目、耕地の境界、水稲等の作付状況を確認します。
    • 調査時期:毎年7月15日現在
    • 調査結果の公表:調査結果は、原則として調査実施年の10月頃に概要が、その後詳細な確報が公表されます。概要の公表日は、公表日の前の週の金曜日にホームページに掲載されます。(リンク先:農林水産統計公表予定

    調査協力のお願い

    • 調査対象地域の皆様へ
      調査のため、職員又は統計調査員が、各地域の調査対象となった標本単位区に出向いて耕地の状況等を現地確認します。
      地域の皆様には、何とぞ御理解いただきますよう、よろしくお願いします。
      面積調査員実査中

    調査結果

    • これまでに実施した面積調査の結果は、農林水産省のホームページで公表されています。御協力、ありがとうございました。

    公表資料(農林水産省へリンク)

    お問合せ先

    統計部 生産流通消費統計課
    代表:086-224-4511(内線2745、2741)
    ダイヤルイン:086-222-4450
    FAX:086-234-6047