このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    南周防事業所が県内新規就農支援イベントに参加


    令和2年11月28日、南周防農地整備事業所は、やまぐち農林振興公社及び山口県が共同で開催したオンライン就農支援イベント「やまぐち就農ゆめツアー」に参加し、情報提供を行いました。

    「やまぐち就農ゆめツアー」は、山口県内への就農に興味がある者(特に県外在住者)を対象に、オンラインでの映像を用いた現地見学及び市町等との相談を通じて、県内での就農・就業について具体的な情報を提供し、新規就農のきっかけとすることを目的として開催されています。
    今年度2回目のツアー先は周南市及び田布施町で、東京都・神奈川県・福岡県をはじめとする1都4県から約20名の参加がありました。

    南周防農地整備事業所からは、当事業の受益である田布施町のパートにおいて情報提供を行いました。
    まず、田布施町の紹介として、町が用意した紹介映像に加え、南周防農地整備事業のコンセプトムービーを放映。その上で町職員が、町特産のイチジクやほ場整備を契機に設立した集落営農法人、有機JAS認証を取得した生産者を紹介し、「町外からの新規就農希望者に対して、町が支援策を講じることで移住・新規就農を促進し、国営事業によって整備された質の高い農地で営農することが可能となる。」といった紹介を行いました。

    映像による現地見学の様子

    【映像による現地見学の様子】

    ツアー参加者からは、「移住・新規就農支援策の詳細内容や、実際に市町外より移住し新規就農した事例について教えてほしい。」などの質問や、「本ツアーを通じて、実際に行って見てみたい気持ちが強くなった。」といった声が聞かれました。

    当事業所からは「新規就農を目指す上で、移住先選びの検討材料として、県市町による支援策等のソフト面のみでなく、農地の整備状況等のハード面にも注目してほしい。」と伝えイベントを終えました。


    県職員が説明をする様子


    【県職員が説明をする様子】


    南周防農地整備事業所では、今後も関係機関との更なる連携強化を図りつつ、担い手の確保・育成など事業完了後の営農を見据えた取組を推進していく。

    お問合せ先

    南周防農地整備事業所

    〒742-1502 山口県熊毛郡田布施町大字波野585番1
    電話:0820-51-1007  FAX:0820-52-1330