このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ココねっと通信No.128号

    ───────────────────────────────────
      ココねっと通信 (中国四国米粉利用促進ネットワーク)

      第128号    2019年2月6日 発行

      編集・発行  中国四国農政局  生産部
    ───────────────────────────────────       
        ─────── 本号の主な内容  ────────

    1.【重要なお知らせ】配信アドレス変更のお知らせ(中国四国農政局)
    2.「近年の米粉市場動向について」(日本米粉協会)
    3.米粉食品販売店等をPRします!(お知らせ)
    4.「HACCPに沿った衛生管理が制度化」されます(厚生労働省・農林水産省)
    5.「消費税軽減税率制度」に関するお知らせ(国税庁)

    【重要なお知らせ】配信アドレス変更のお知らせ(中国四国農政局)

      日頃から、メールマガジン「ココねっと通信」をご愛読いただき、ありがとうございます。
      本メールマガジンは、平成31年2月8日(金曜日)から、配信メールアドレスを変更します。

      ・新しいメールアドレスは、こちらになります。
        koko_net.chushi(アットマーク)maff.go.jp
        (注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。

      迷惑メール対策等でメールソフトの設定を行っている方はご注意いただき、必要に応じてメールソフトの設定変更等をお願いします。

    「近年の米粉市場動向について」(日本米粉協会)

      日本米粉協会は、平成30年12月19日に「近年の米粉市場動向について」を公表しました。
      同協会の資料によると、主要な米粉製造事業者に調査した結果、メーカーサイドが米粉の優れた特性を理解するようになってきたことやアレルギー対応商品の採用により、米粉市場が増加傾向にあることから、2019年度の需要量は、前年度を2割程度上回る3.6万トンと予測しています。
      具体的には、1.大手製パンメーカーによる米粉入りパンの製造が増加していること、2.大手量販店がアレルギーに対応した商品の専用コーナーを設けたこと、3.大手ネット通販が積極的に米粉製品を導入していること、4.学校給食での米粉パンの採用により、新たな需要の増加が見込めること、などから、米粉商品はその食味・食感さらにアレルギー対応としての新たな価値観などが評価されつつあるとされています。
      一方で、平成31年産の米粉用米の生産量の拡大(+1万トン程度:約2千ha)が必要な状況としています。

      詳しくは、「日本米粉協会」ホームページをご覧ください。
      http://www.komeko.org/

    米粉食品販売店等をPRします!(お知らせ)

      中国四国農政局では、米粉の消費拡大及び普及推進として、米粉食品の販売、飲食を提供しているお店情報をホームページやイベント等を通じてPRしています。
      中国四国地域で米粉や米粉食品の販売(飲食での提供を含む)を行っている事業者様で、PRを希望される方を随時、募集しております。
      希望される方は、「米粉食品販売店マップPRシート」に記入のうえ、お店や商品の写真を添えてメールでお知らせください。皆さまの応募をお待ちしております。

      ○「米粉食品販売店マップPRシート」及び「米粉食品販売店マップ」については、こちらをご覧ください。
        http://www.maff.go.jp/chushi/kome_syoukaku/komeko/map/index.html

    「HACCPに沿った衛生管理が制度化」されます(厚生労働省・農林水産省)

      食品を扱う事業者には、農林漁業者も含め、食品衛生法が適用されています。このたび、平成30年6月13日に食品衛生法の一部改正が公布され、食品の加工、調理、販売などを行う事業者には、手洗いや清掃等の一般衛生管理に加え、今後、HACCPに沿った衛生管理の実施が義務づけられます。また、公布から2年以内に施行され、その後1年間は実施が猶予され、その後完全制度化となります。
      なお、今回の改正においてHACCPの認証取得を求めるものではありません。

      詳しくは、以下の「厚生労働省」ホームページをご覧ください。
      https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000197196.html

    「消費税軽減税率制度」に関するお知らせ(国税庁)

      平成31年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。
      軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、以下のホームページ等をご覧ください。

      ○軽減税率制度に関すること・・国税庁HP又は最寄りの税務署
        (https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu//index.htm)

      ○中小事業者等への支援・・「軽減税率対策補助金事務局」
        (専用ダイヤル0570-081-222)
        (http://kzt-hojo.jp/
      ※  軽減税率対策補助金の申請受付の期限が延長されました。

     編集後記

      今年は、米粉市場が活発になりそうだと明るいニュースが飛び込んできました。「米粉」という言葉も定着しつつあります。更なる米粉食品の利用拡大が進むよう、今年もいろいろな情報を発信しますのでよろしくお願いします。
      また、3月に岡山市内でグルテンを含まない米粉パンの調理実演講習会を予定しております。詳しくは次号でご案内させていただきます。
      例年になくインフルエンザが大流行しています。読者の皆様におかれましては、お身体に気を付けてお過ごしください。
      引き続き、米粉に関する話題をタイムリーに配信してまいりますので、今後ともご愛読いただきますようお願いします。
    ──────────────────────────────────── 

      このメールマガジンは、米粉に関する情報をタイムリーにお届けするため、登録していただいた方々に配信しています。配信の申込変更などはこちらへどうぞ。
        http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html

      PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。
      その際は、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
      メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望される場合は、メールでお知らせください。
      寄せられたご意見などは、個人情報を伏せた上でメールマガジンで紹介させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

    問い合わせ窓口: https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html
    ホームページURL: http://www.maff.go.jp/chushi/index.html
    編集    中国四国農政局生産部生産振興課
                     TEL:086-224-4511(代)  FAX:086-232-7225
      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    生産部生産振興課
    担当:流通改善係
    代表:086-224-4511(内線:2369、2448)
    ダイヤルイン:086-224-9411
    FAX:086-232-7225

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader