このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ココねっと通信No. 140号

    ───────────────────────────────────
      ココねっと通信 (中国四国米粉利用促進ネットワーク)

      第140号    2020年3月19日 発行

      編集・発行  中国四国農政局  生産部
    ───────────────────────────────────       
        ─────── 本号の主な内容  ────────

    1.「ノングルテン米粉を使用した加工品登録」の第2号誕生について(日本米粉協会)
    2.HACCPに沿った衛生管理が制度化されます(厚生労働省)
    3.「2020年度プロモーション参加事業者募集」について(JFOODO)
    4.新型コロナウイルスに係る対応について(中国四国農政局)
    5.米粉食品販売店等をPRします!(中国四国農政局)
    6.「消費税軽減税率制度」に関するお知らせ(国税庁)

    「ノングルテン米粉を使用した加工品登録」の第2号誕生について(日本米粉協会)

     2月18日、ノングルテン米粉を使用した加工品登録の第2号が誕生しました。その製品はみたけ食品工業株式会社(埼玉県)の「米粉天ぷら粉」です。同社が製造する「米粉パウダー300g」は平成30年6月15日に第1号の「ノングルテン米粉認証」を受けており、今回登録された「米粉天ぷら粉」はこの原料によって製造されています。
     加工品登録を希望する事業者は、3つの登録要件を満たしたうえで協会に対し申請書を提出し、承認された場合には協会ホームページで紹介されるとともに「ノングルテン米粉使用ロゴマーク」を貸与されることとなっており、今後、このマークが表示された加工品が出回ることにより、米粉の普及拡大が期待されています。

     〇詳しくは、日本米粉協会のホームページ等をご覧ください。
     http://www.komeko.org/post_200218/

     HACCPに沿った衛生管理が制度化されます(厚生労働省)

     平成30年6月13日に食品衛生法等の一部を改正する法律が公布され、原則として食品を扱うすべての事業者に対し、一般衛生管理に加え、HACCPに沿った衛生管理の実施が求められることとなりました。
     同法は令和2年6月1日に施行され、HACCPに沿った衛生管理は1年間の移行(猶予)期間を経て、令和3年6月1日から完全に制度化されます。

     〇詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。
     https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/haccp/index.html

     「2020年度プロモーション参加事業者募集」について(JFOODO)

     JFOODO(日本食品海外プロモーションセンター)では、米国、フランス、ドイツにおいて、ベーカリーを中心とした、グルテンフリー事業者の日本産米粉に対する消費者の認知や購入・喫食意欲の向上等を目指し、2020年夏以降に、現地で商流拡大を促す戦略的プロモーションの実施を予定しています。
     現在、プロモーションに参加いただける事業者の皆様を募集しており、たくさんのお申込みをお待ちしています。

     〇詳しくは、JFOODOのホームページをご覧ください。
     http://www.jetro.go.jp/jfoodo/project/komeko.html

    新型コロナウイルスに係る対応について(中国四国農政局)

     新型コロナウイルス感染症の影響拡大を踏まえて、農林水産省及び中国四国農政局においても、「新型コロナウイルスに関する対策本部」を設置し、感染拡大による影響等の把握、各種情報の発信、対策の推進を行うとともに、農業者や食品事業者等からのご相談に対応するため、相談窓口を設置しています。
     下記サイトに、新型コロナウイルスに関する情報を随時掲載していますので、ご活用ください。
     なお、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。

     〇詳しくは、農林水産省及び中国四国農政局のホームページをご覧ください。
     ・新型コロナウイルスについて(農林水産省)
     https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html
     ・新型コロナウイルス感染者発生時の対応・業務継続に関するガイドライン(農林水産省)
     https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/ncv_guideline.html
     ・新型コロナウイルスに関する相談窓口(中国四国農政局)
     https://www.maff.go.jp/chushi/saigai/index.html

    米粉食品販売店等をPRします!(中国四国農政局)

     中国四国農政局では、米粉の消費拡大及び普及推進として、米粉食品の販売、飲食を提供しているお店情報をホームページやイベント等を通じてPRしています。
     主食としての米の消費量が年々減少する中で、新たな用途に使用できる米粉の需要拡大は重要であるため、引き続き、中国四国地域で米粉や米粉食品の販売(飲食での提供を含む)を行っている事業者様で、PRを希望される方を随時、募集しております。
     希望される方は、「米粉食品販売店マップPRシート」に記入のうえ、お店や商品の写真を添えてメールでお知らせください。皆さまの応募をお待ちしております。

     〇「米粉食品販売店マップPRシート」及び「米粉食品販売店マップ」については、こちらをご覧ください。
     https://www.maff.go.jp/chushi/kome_syoukaku/komeko/map/index.html

    「消費税軽減税率制度」に関するお知らせ(国税庁)

     令和元年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられると同時に消費税の軽減税率制度が導入されました。
     軽減税率制度に関することや中小事業者向けの支援につきましては、以下のホームページ等をご覧ください。
     
     〇軽減税率制度に関すること・・国税庁HP又は最寄りの税務署
     https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm

     

     編集後記

     日を追うごとに暖かい日差しが増してきました。天気の良い日は、春を探しに野山を散策すると、ふきのとう、たらの芽、土筆など、その他たくさんの食材達に出会います。その食材の多くは天ぷらにすると最高に美味しくなります。そこでオススメなのが「米粉」です。米粉は天ぷら粉などに比べると給油率が低いため油っぽさがなく、薄い衣でサクッと仕上がるため素材感を感じることができ、何より混ぜて、からめて、揚げるだけという手間が少ないことから、満足のいく天ぷらを作ることができます。この季節、ぜひご家庭での一品として、旬な食材での米粉天ぷらを試してみてはどうでしょうか。
     これからも、米粉に関するホットな情報をお知らせするとともに、皆様からの米粉の新商品や各地で開催されるイベント等の情報がありましたら、こちらまでお知らせください。
     komeko.chushi※maff.go.jp(迷惑メール対策のため「@」を「※」と表記しています。送信の際には「@」に変更してください。)
     また、米粉に関する情報の一つとして、中国四国米粉食品販売店マップの充実を図っていきますので、掲載を希望される事業者様、奮ってご応募をお願いします。
     引き続き、米粉に関する話題をタイムリーに配信できるよう努めますので、今後ともご愛読いただきますようお願いします。

    ──────────────────────────────────── 

      このメールマガジンは、米粉に関する情報をタイムリーにお届けするため、登録していただいた方々に配信しています。配信の申込変更などはこちらへどうぞ。
        https://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html

      PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。
      その際は、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
      メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望される場合は、メールでお知らせください。
      寄せられたご意見などは、個人情報を伏せた上でメールマガジンで紹介させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。

    問い合わせ窓口: https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html
    ホームページURL: https://www.maff.go.jp/chushi/index.html
    編集    中国四国農政局生産部生産振興課  TEL:086-224-4511(代)  FAX:086-232-7225

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    生産部生産振興課
    担当:流通改善係
    代表:086-224-4511(内線:2397、2448)
    ダイヤルイン:086-224-9411
    FAX:086-232-7225

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader