このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国あぐりレター 第419号 2019(平成31)年3月20日 中国四国農政局

    もくじ

    1. 【ひとことメッセージ】
    2. 【ふるさと元気だより】
    3. 【イベント情報】
    4. 【お知らせ】
    5. 【消費者の部屋】
    6. 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    1 【ひとことメッセージ】

    豚コレラの発生について

    中国四国農政局消費・安全部安全管理課長  栗飯原 文明

    昨年9月、岐阜県の養豚農場で、我が国では26年ぶりとなる豚コレラ(豚、いのししの病気)の発生が確認され、その後、岐阜県、愛知県、長野県、滋賀県、大阪府でも発生が確認されました。また、3月20日現在、岐阜県、愛知県では野生いのししから同病が確認されています。なお、両県以外の都道府県においても死亡した野生いのししの検査を実施していますが、同病は確認されていません。

    発生農場では、飼養している全ての豚を殺処分し、埋却・消毒等を行う他、近隣農場には出荷制限をかける等、地域の畜産業に大きな負担が発生することとなります。

    このため、同病の発生とまん延を何としてでも阻止しなければなりません。農林水産省では、同病発生防止のため、畜産農家の皆さんには消毒の徹底や、毎日家畜の健康状態を観察し、異常があれば直ちに家畜保健衛生所に通報すること等についてお願いしています。また、中国等では日本未発生のアフリカ豚コレラ(豚、いのししの病気)が発生していることから、中国からの豚由来の畜産物の手荷物検査、空港での靴底消毒及び広報活動等の強化を行っています。

    さらに、販売店等において「○○県の豚肉は扱っていません」等の不適切な表示があった場合は、表示の自粛や改善を求める取組も行っています。

    豚コレラは、人に感染することはなく、仮に豚コレラにかかった豚の肉や豚由来の製品を食べたとしても人体に影響はありません。また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。

    こういった情報を、農林水産省のホームページで随時発信し、正しい知識の普及を図っていますので、ご確認いただければと思います。

    2 【ふるさと元気だより】

    ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会

    愛媛県拠点

    2019年5月12日~19日、愛媛県八幡浜市で「ダルメイン世界マーマレードアワード&フェスティバル日本大会」が開催されます。

    この大会は、2006年から毎年、英国湖水地方ダルメイン(リバプールから自動車で北へ約170キロメートル)で開催されている、マーマレード関連では世界最大級のイベントで、現在では世界約40カ国から約3,000個のマーマレードが出品されています。近年、日本からの応募者の増加とマーマレードの質の高さが主催者の目に留まり、初めて日本で開催されることになりました。

    大会期間中には、マーマレードコンテストの表彰式とともに、メイン会場の「八幡浜みなっと」を中心に、観光客・地元の人たちが楽しめるイベントや英国文化体験会などが計画されており、マーマレードや八幡浜市の魅力発信を通した地域活性化を目指しています。

    現在、開催に向け手づくりマーマレードを募集中です(応募期間3月1日~4月14日)。「プロの部」、「アマチュアの部」各部には、それぞれカテゴリーが設けてあり、アマチュア部門では、「高校生」、「愛媛県産かんきつ使用」、「魚料理に合う」など12の独自カテゴリーがあり、最優秀賞、ベスト・カテゴリー賞、金・銀・銅賞が決定されます。
    (*募集の詳細は、下添ホームページアドレスでご確認下さい。)

    皆さんも、手づくりマーマレードの魅力を感じに、全国有数のかんきつ産地である、八幡浜市を訪れてみて下さい。

    3【イベント情報】

    「畜産関係の消費税軽減税率制度の地方説明会(岡山会場)」の開催について

    本年10月1日に消費税率が10%に引き上げられることに伴い、低所得者の負担を軽減するため飲食料品と新聞に対する軽減税率(8%)制度が実施される予定です。特に畜産物の流通は、関係事業者が多いことや請求費目が煩雑であることから、より一層の制度理解と区分経理・区分記載への準備を促すため、生乳・食肉関係、製造・小売関係の2つのテーマ別に説明会を開催します。

    開催日時及び場所

    • 日時:平成31年4月16日(火曜日)
        生乳・食肉関係:13時00分~14時30分(受付開始12時30分~)
        製造・小売関係:15時00分~16時30分(受付開始14時30分~)
    • 場所:岡山第2合同庁舎2階共用会議室ABC(岡山市北区下石井1-4-1)

    4【お知らせ】

    「平成30年度飼料用米多収日本一中国四国農政局長賞」の受賞者の決定について

    農林水産省及び一般社団法人日本飼料用米振興協会は、平成30年度飼料用米多収日本一を開催し、応募者の中から優秀な取組を行っている経営体を表彰しています。

    中国四国農政局においても、管内から応募のあった経営体のうち、その取組が優秀と認められた経営体を表彰し、その成果を広く紹介することにより、中国四国地域における飼料用米の生産に係る技術水準の向上を図ることとしており、このたび、中国四国農政局長賞の受賞者を以下のとおり決定しました。

    • 単位収量の部
      カンドーファーム株式会社(島根県松江市)
    • 地域の平均単収からの増収の部
      坪井 翔伍(広島県福山市)

    「平成30年度中国四国地域未来につながる持続可能な農業推進コンクール」の受賞者の決定について

    中国四国農政局は、GAP及び有機農業をはじめとする環境保全型農業に意欲的に取り組む農業者等を表彰する「中国四国地域未来につながる持続可能な農業推進コンクール」を実施しています。

    このたび、平成30年度における中国四国農政局長賞の受賞者を以下のとおり決定しました。

    • GAPの部
      武澤農園(徳島県阿波市)
      農業生産法人 有限会社ワールド・ファーマーズ(愛媛県宇和島市)
    • 有機農業・環境保全型農業の部
      岡山市高松有機無農薬野菜生産組合みどり会(岡山県岡山市)

    農業者の皆さん!リスクへの備えはできていますか?

    農業経営には、「自然災害で減収」、「災害で作付不能」、「市場価格が下落」、「病気で収穫不能」、「為替変動で大損」など様々なリスクがあります。

    多様なリスクをカバーしたい方は、収入保険をおすすめします。青色申告を行っている農業者を対象に、原則全ての農産物における自然災害や価格低下だけでなく、農業者の経営努力では避けられない収入減少を広く補償します。

    自然災害リスクをカバーしたい方は、農業共済をおすすめします。全ての農業者を対象に、米、麦、畑作物、果樹、家畜、農業用ハウスなどが自然災害によって受ける損失を補償します。
    (※収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)、野菜価格安定制度等を利用することもできます。)

    これらの農業保険は国の公的保険制度で、保険料(掛金)の国庫補助があります。
    詳しくは、お近くの農業共済組合までお問い合わせ下さい。

    農林水産物・食品輸出プロジェクト(GFP)へ参加しませんか

    GFPとは、農林水産物・食品の輸出を意欲的に取り組もうとする農業者、林業者、漁業者、食品事業者等をサポートするプロジェクトです。
    農林水産省では、新しい農林水産物・食品輸出プロジェクトであるGFPのコミュニティサイトを立ち上げており、参加すると様々なメリットがあります!

    • 詳しくは、こちらをご覧ください。皆さまのご登録お待ちしております。
      (GFP 農林水産物・食品輸出プロジェクトホームページ)
      http://www.gfp1.maff.go.jp/

    農林水産物・食品の輸出相談窓口について

    農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、農林水産物及び食品の輸出に関して、お気軽にご相談いただけるよう、国内各地に相談窓口を設置しています。諸外国の規制・制度、国の支援事業、輸出先国のマーケット情報、輸出等のお問い合わせに、ぜひご活用ください。

    「消費税軽減税率制度関係について」

    平成31年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。
    軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、以下のホームページ等をご覧ください。

    5 【消費者の部屋】

    テーマ:平成30年7月豪雨災害からの復旧・復興を目指して

    平成30年7月豪雨災害等により、中国四国地域では甚大な被害が発生しました。
    今回の消費者の部屋特別展示では、農業関係を中心とした被害の状況をお知らせするとともに、その復旧復興に向けた取組を紹介します。併せて、大規模災害に備えて家庭で上手に食料品等を備蓄するポイントや備蓄に適した食料品等を紹介します。

    • 開催期間:平成31年3月11日(月曜日)~平成31年3月29日(金曜日)
        8時30分~17時15分
        (土・日曜日、祝日を除く。最終日は13時まで)
    • 開催場所:中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
        (岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎1階)

    6 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    政策情報

    【農業生産】
    主食用米、戦略作物等の作付動向及び作付状況等について
    http://www.maff.go.jp/chushi/kome/saku_dou.html

    【統計情報】
    統計データでみる中国四国農林水産業の概要を更新
    http://www.maff.go.jp/chushi/info/toukei/chushi_nougyou.html

    報道・広報

    【ニュースレター】
    http://www.maff.go.jp/chushi/kohoshi/mag_newsletter/

    申請・お問い合せ

    【発注・入札情報、その他公表事項】
    http://www.maff.go.jp/chushi/nyusatsu/

    その他

    編集後記

    暖かい日も増えてきて、先日まで各地では卒業式も行われていました。
    式帰りのにこやかな表情をしている皆さんを見て、こちらも少し幸せな気持ちになるのと同時に、「自分にも、そんな時期があったはず・・・どんなだったっけ?」と遠い昔を思いだしたりする今日この頃です。(Ya)


    • このメールマガジンは、農政情報をタイムリーにお届けするために、登録して頂いた方々に配信しています。
      配信の変更などはこちらからどうぞ。
      http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/
    • PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Reader が必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。そのときは、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
    • メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望する場合はメールでお知らせください。寄せられたご意見などは、メールマガジンで紹介させていただくこともございます。
    • 問い合わせ窓口
      https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html
    • ホームページURL
      http://www.maff.go.jp/chushi/
    • 編集  〒700-8532  岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎
        中国四国農政局企画調整室
        電話:086-224-4511(代)(内線2295)
        FAX:086-235-8115

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    企画調整室

    代表:086-224-4511(内線2295)
    ダイヤルイン:086-224-9400
    FAX:086-235-8115