このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国あぐりレター 第469号 2021(令和3)年5月6日 中国四国農政局

    もくじ

    1. 【重要なお知らせ】
    2. 【ひとことメッセージ】
    3. 【ふるさと元気だより】
    4. 【お知らせ】
    5. 【消費者の部屋】
    6. 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    1 【重要なお知らせ】

    高病原性鳥インフルエンザの発生に伴う監視体制の強化の徹底について

    令和2年11月以降、高病原性鳥インフルエンザが各地において相次いで発生しています。

    今般の事例を踏まえ、家畜飼養者の皆様におかれましては、徹底した消毒と野生動物等の侵入防止に努めるなど、飼養衛生管理基準の遵守をお願いします。

    なお、万が一、飼養する家畜に異常を見つけた場合には、直ちに最寄りの家畜保健衛生所に連絡してください。

    豚熱の発生に伴う監視体制の強化について

    平成30年9月9日、我が国において26年振りに豚熱が発生し、令和3年4月17日現在、関連農場を含め1府14県の飼養農場において67例の発生が確認されています。

    また、豚熱の発生原因の一つとされている野生イノシシ(陽性)について、管内の近隣である兵庫県においても発生しており、鳥取県及び岡山県が豚熱ワクチン接種推奨地域に設定されています。

    豚飼養者の皆様におかれましては、徹底した飼養衛生管理と野生イノシシ等の侵入防止に努めるなど、飼養衛生管理基準の遵守をお願いします。

    なお、万が一、飼養する豚に異常を発見した場合には、直ちに最寄りの家畜保健衛生所に連絡してください。

    新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者への支援策について

    今般の新型コロナウイルスの感染拡大により、全国の農林水産業・食品産業に影響が広がっております。

    このため、農林水産省では、新型コロナウイルス感染症に伴う支援策を、他省庁の支援策も含め、取りまとめています。

    併せて、新型コロナウイルス感染症に係る農業者や食品事業者等からの相談については、農政局に設置している相談窓口にご連絡ください。

    • 新型コロナウイルスに関する相談窓口
      対応時間:平日9時00分~17時00分
      設置場所、連絡先:中国四国農政局 企画調整室(岡山市北区下石井1-4-1)
      電話:086-224-9400

    【新着】「2020年農林業センサス結果の概要(確定値)」の公表について

    農林水産省は、「2020年農林業センサス結果の概要(確定値)」を取りまとめました。

    農林業センサスは、我が国の農林業の生産構造、就業構造及び農山村等の農林業をとりまく実態を明らかにするとともに、 我が国の農林行政の推進に必要な基礎資料を整備することを目的に、全国の全ての農林業経営体等を調査対象として5年ごとに実施している基幹統計調査です。

    我が国の農林業センサスは、1950年から5年ごとに実施しており、今回で15回目(林業センサスについては9回目)となります。

    2 【ひとことメッセージ】

    統計調査協力へのお願い

      統計部統計調整課長  関  学

    統計調査にご協力頂いた事はありますか?

    「国勢調査」(総務省)や「農林業センサス」・「漁業センサス」(農林水産省)と言えば、多くの方が協力した事があると思います。

    農林水産省では「農林業センサス」、「漁業センサス」の他に「農業経営統計調査」、「作物統計調査」、「牛乳乳製品統計調査」など、農林水産業における「生産」・「経営」・「構造」・「流通消費」各段階における実態を把握するため多くの統計調査を実施しています。

    これら統計調査結果に基づき、今後の農業施策の方向性が検討されたり、各種交付金・補助金の算定根拠が決められます。

    統計調査は、(例えば標本調査の場合)必要な調査精度を維持できる調査数を算出し、調査対象となる作物を生産する農家や農業生産法人組織(母集団)の中から、抽出された農家や法人組織に調査をお願いしています。

    なお、調査内容(項目)は、調査にご協力頂ける皆様の負担軽減の観点から必要最低限となるよう毎年見直しを行っています。

    ある日突然、「〇〇調査への協力をお願いします」等の依頼はがきが届くかもしれません。

    日本の農業実態を正しく把握し、より良い農業施策へ導くためには、皆様の協力が欠かせません。現在、統計調査にご協力頂いている皆様。今後、統計調査を依頼されるかもしれない皆様。統計調査へのご協力をよろしくお願いします。

    3【ふるさと元気だより】

    男女(とも)に輝く農業界のトップランナーを目指して!

    山口県拠点

    「おのだネギ三昧」で有名な有限会社グリーンハウス。山口県南西部に位置する山陽小野田市の広大な干拓地でネギなどを栽培しています。

    「農業で豊かな暮らしを、努力苦労で匠づくり、職場に笑顔を、地域を笑顔に」をスローガンに掲げ、品質の優れた「本物の野菜」を育てるという誇り「Green House-Pride」を胸に、ワークライフバランス実現に日々取り組まれています。

    女性正社員の採用を機に、子育て世代の女性のパート社員や正社員を多く採用。女性が気持ちよく安心して長く働くことができる職場環境づくりと、女性もキャリアアップしながら活躍できる仕組みづくりが評価され、令和2年度農山漁村女性活躍表彰(女性活躍経営体部門)において農林水産大臣賞を受賞されました。

    農業界のトップランナーを目指して、今後も農業を志す若い女性がさらに魅力を感じられる組織づくりを行い、社員も地域も笑顔で、農業で豊かな暮らしの実現に向けて取組が続いています。

    4【お知らせ】

    【新着】野菜・山菜と似た有毒植物の誤食に注意しましょう!

    例年、特に春先から初夏にかけて、野菜や食べられる野草・山菜と間違えて有毒な成分を含む植物を食べてしまうことによる食中毒が数多く発生しています。

    農林水産省では、そのような食中毒を防止するため、間違えやすい植物の特徴を説明したリーフレットを作成していますので、ご利用ください。

    食用と確実に判断できない植物については、絶対に採らない、食べない、売らない、人にあげないようお願いします。

    【新着】「令和3年度 農薬危害防止運動」の実施について

    農林水産省は、厚生労働省、環境省、都道府県等と共同で、農薬を使用する機会が増える6月から8月にかけて、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用等を推進する「農薬危害防止運動」を実施します。

    スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の被害防止対策について

    スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)は淡水巻貝の一種で、水稲等を食害します。農林水産省では、スクミリンゴガイの被害軽減を目的とした防除対策のポイントをまとめました。

    特にこの時期は、取水口へのネット等の設置による水路からの侵入防止や摂食活動を抑制する浅水管理(水深4センチ以下)が有効です。

    スクミリンゴガイが発生している地域やほ場では、被害ゼロを目指して、効果的な被害防止対策を組み合わせ、地域ぐるみで取り組みましょう。

    トビイロウンカの被害防止対策について

    令和2年産の水稲作では、トビイロウンカの飛来量が多かったことに加え、8月から9月の天候が増殖に好適な高温・少雨となったことから、中国四国地域においてもトビイロウンカの発生が多く、本虫による被害が発生しました。

    本虫による被害発生が懸念される地域にあっては、効果の高い育苗箱施用剤による防除の実施についても検討してください。

    【新着】「やっぱりごはん、いただきMAFF!」について

    米消費拡大の機運を盛り上げるため、JAグループが主体となって始めた、「ご炊(た)こうチャレンジ」(「ごはんを炊く=コト消費」に焦点を当てた取組)に農林水産省も令和3年4月27日から全省挙げて参画しています。

    第1弾として、野上農林水産大臣も出演する「大臣におにぎり食べてもらった。タガヤセキュウシュウ」動画を公開するとともに、特設ページ「ご炊こうチャレンジ!いただきMAFF(まふ)!」を「やっぱりごはんでしょ!」(※)サイト内にオープンします。

     ※「やっぱりごはんでしょ!」・・・農林水産省政策統括官による米の消費拡大を応援する取組。平成30年10月からWebサイトを新規開設し、各種SNSにて情報発信中。

    【新着】「母の日・母の月特集」について

    MAY is MOTHER’S MONTH「今年も5月は『母の月』」。花の生産・流通・小売り・文化の団体が一つになって、日本の花文化の発展を目指す日本花き振興協議会では、お客様や花店の安全と物流状況を考え、母の日だけに注文が集中するのを避けるため、5月の1ヶ月間を「母の月」として発信しています。

    いつもよりゆっくりお母さんを想い、花を贈ってみませんか。

    【新着】「農業技術の基本指針(令和3年改定)」の公表について

    農林水産省では、毎年、都道府県をはじめとする関係機関における農業技術関連施策の企画、立案、実施等に当たっての参考となるよう、農業の体質強化、環境対策、食品の安全性の向上等の農政の重要課題に即した技術的な対応や、営農類型別の留意事項、農業の発展に資すると期待される新技術をとりまとめ、「農業技術の基本指針」として公表しています。

    本年も、情勢変化を踏まえた上で更新を行い、「農業技術の基本指針(令和3年改定)」として公表しました。

    農産物の輸出を目指す産地の皆様へ(課題解決支援を行います)

    農林水産省では、植物検疫や残留農薬など輸出先国の規制に対応した防除体系や栽培方法の確立に向けた取組への支援を行っています。

    専門家を現地に派遣し、農産物の栽培体系、生育状況、病害虫の発生状況等の実態に応じた助言や技術的な支援を行います。

    さらに、外国人旅行者等が携帯品(おみやげ)として農産物を海外に持ち出すための検疫手続き円滑化の取組を行う産地への支援も行います。

    専門家の派遣等にあたり、費用負担はありませんので、窓口にご相談ください。

    【新着】中国四国農政局管内の農山漁村活性化の取組事例集を発刊しました

    中国四国農政局は、この度、管内各地の農山漁村活性化の取組を「取組事例集」として発刊しました。

    この取組事例集は、農山漁村地域の活性化・所得向上の取組事例を農山漁村(むら)の宝として広く情報発信することにより、地域活性化を図る際の参考としてご活用いただくと共に、都市と農山漁村の交流等に役立てていただくことを目的に作成しています。

    【新着】「食品ロス量(平成30年度推計値)の公表」について

    農林水産省及び環境省は、食品ロス削減の取組の進展に活かすため、食品ロス量の推計を行い、公表しています。

    平成30年度の食品ロス量は600万トン(12万トン減)、このうち食品関連事業者から発生する事業系食品ロス量は324万トン(4万トン減)、家庭から発生する家庭系食品ロス量は276万トン(8万トン減)でした。

    【新着】日本の食・食文化を支える生産者の姿を世界に発信!

    農林水産省は、Google Arts & Cultureで公開中の「日本の食・食文化」をテーマとしたオンライン展示「Flavors of Japan - 奥深き日本の食文化を召し上がれ」に協力をしています。

    この企画の第2弾として作成された、日本の食文化とそれを支える生産者にスポットを当てたコンテンツが4月23日(金曜日)に公開されました。

    【新着】「第5回食育活動表彰」受賞者の決定について

    農林水産省は、「第5回食育活動表彰」の農林水産大臣賞及び消費・安全局長賞の受賞者を決定しました。表彰式は、6月26日(土曜日)に「第16回食育推進全国大会inいわて」(岩手県産業文化センター アピオ)において開催します。

    なお、中国四国地域の受賞者は以下のとおりです。

    【ボランティア部門  大学等の部】
      消費・安全局長賞:香川短期大学 食育ゼミ(香川県)

    【教育関係者・事業者部門  食品製造・販売者等の部】
      消費・安全局長賞:株式会社マルイ(岡山県)

    【新着】「令和3年農作業安全ポスターデザインコンテスト」の開催について 

    農林水産省は、春の農作業安全確認運動の一環として、農作業安全に対する国民意識の醸成及び効果的な推進を図るため、令和3年4月23日(金曜日)から6月23日(水曜日)までの間、農作業安全を広く呼びかける「令和3年農作業安全ポスターデザインコンテスト」を開催します。

    5【消費者の部屋】 

    テーマ:「植物検疫ってなあに?~日本の農業と緑を守るために~」

    植物防疫所では、我が国の植物に被害をもたらす海外からの病害虫の侵入を未然に防ぐため、全国の港や空港において輸入検疫を行っているほか、農産物の輸出を促進するため諸外国の要求に応じた輸出検疫、重要病害虫の国内でのまん延を防ぐための国内検疫などの業務を行っています。

    5月10日(月曜日)からの消費者の部屋特別展示では、植物検疫について、パネル等でわかりやすく紹介します。

    開催期間:令和3年5月10日(月曜日)~5月21日(金曜日)
      8時30分~17時15分
      (土・日曜日は除く。最終日は13時まで)

    開催場所:中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
      (岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎1階) 

    移動消費者の部屋in香川「冷凍食品を使って食生活を見直し」

    「冷凍食品」には、たくさんの魅力があります。

    簡単・便利なだけでなく、急速冷凍した食品には本来の食感、風味、栄養も保たれています。

    ちょっとの手間でリッチな気分を味わうこともできます。お弁当作りをはじめたり、食生活を見直してみませんか?

    5月11日(火曜日)から開催の「移動消費者の部屋」では、冷凍食品を上手に使って、料理の手間と時間を節約するメニューや食生活に役立つ情報を展示します。

    開催期間:令和3年5月11日(火曜日)~5月23日(日曜日)

    開館時間:平日9時30分~19時00分、土・日曜日9時30分~17時00分

    休館日:5月17日(月曜日)

    開催場所:高松市中央図書館 2階
      (香川県高松市昭和町1-2-20 サンクリスタル高松) 

    6【ホームページの新着・更新に関する情報】

    政策情報 

    【農業生産】
    指定野菜の入荷量及び卸売価格の見通し(令和3年5月)
    https://www.maff.go.jp/chushi/press/se_tokusan/210430.html

    【統計情報】
    令和2年産 春野菜、夏秋野菜等の収穫量における中国四国管内の全国上位品目(10位以内)
    https://www.maff.go.jp/chushi/info/toukei/00chushi/index.html#210428

    報道・広報

    【ニュースレター】
    https://www.maff.go.jp/chushi/kohoshi/mag_newsletter/

    【BUZZ MAFFチャンネル】
    https://www.youtube.com/channel/UCk2ryX95GgVFSTcVCH2HS2g/videos
    (外部リンク)

    申請・お問い合せ

    【発注・入札情報、その他公表事項】
    https://www.maff.go.jp/chushi/nyusatsu/

    その他

    【農政局ホームページ新着情報】
    https://www.maff.go.jp/chushi/sintyaku/

    編集後記

    岡山駅を発着する山陽新幹線、「GWの指定席予約率10%」。この記事を見て、単身赴任からの帰岡中に新幹線で困っていたことを思い出しました。それは「座席の中央の肘掛けはどっちが使っていいのか。」

    小心者の私は隣に人が座っていたら遠慮してしまいます。新型コロナウイルス感染症が終息し、気兼ねなく旅行ができるようになったら、肘掛けも豪胆に使おうと思うところです。(や)


    • このメールマガジンは、農政情報をタイムリーにお届けするために、登録して頂いた方々に配信しています。
      配信の変更などはこちらからどうぞ。
      https://www.maff.go.jp/chushi/mailm/
    • PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Reader が必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。そのときは、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
    • メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望する場合はメールでお知らせください。寄せられたご意見などは、メールマガジンで紹介させていただくこともございます。
    • 中国四国農政局 お問い合わせ窓口
      https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html
    • 中国四国農政局 ホームページURL
      https://www.maff.go.jp/chushi/
    • 編集  〒700-8532  岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎
        中国四国農政局企画調整室
        電話:086-224-4511(代)(内線2111)
        FAX:086-235-8115

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

    お問合せ先

    企画調整室

    代表:086-224-4511(内線2111)
    ダイヤルイン:086-224-9400
    FAX:086-235-8115

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader