このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国あぐりレター 第471号 2021(令和3)年6月4日 中国四国農政局

    もくじ

    1. 【重要なお知らせ】
    2. 【ひとことメッセージ】
    3. 【ふるさと元気だより】
    4. 【お知らせ】
    5. 【消費者の部屋】
    6. 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    1 【重要なお知らせ】

    豚熱の発生に伴う監視体制の強化について

    平成30年9月9日、我が国において26年振りに豚熱が発生し、令和3年5月18日現在、関連農場を含め1府14県の飼養農場において68例の発生が確認されています。

    また、豚熱の発生原因の一つとされている野生イノシシ(陽性)について、管内の近隣である兵庫県においても発生しており、鳥取県及び岡山県が豚熱ワクチン接種推奨地域に設定されています。

    豚飼養者の皆様におかれましては、徹底した飼養衛生管理と野生イノシシ等の侵入防止に努めるなど、飼養衛生管理基準の遵守をお願いします。

    なお、万が一、飼養する豚に異常を発見した場合には、直ちに最寄りの家畜保健衛生所に連絡してください。

    新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者への支援策について

    今般の新型コロナウイルスの感染拡大により、全国の農林水産業・食品産業に影響が広がっております。

    このため、農林水産省では、新型コロナウイルス感染症に伴う支援策を、他省庁の支援策も含め、取りまとめています。

    併せて、新型コロナウイルス感染症に係る農業者や食品事業者等からの相談については、農政局に設置している相談窓口にご連絡ください。

    • 新型コロナウイルスに関する相談窓口
      対応時間:平日9時00分~17時00分
      設置場所、連絡先:中国四国農政局 企画調整室(岡山市北区下石井1-4-1)
      電話:086-224-9400
      FAX:086-235-8115

    2 【ひとことメッセージ】

    大規模災害発生時の国営事業所の役割

      那賀川農地防災事業所長  加藤  公平 

    近年、平成29年7月九州北部豪雨、平成30年西日本豪雨、令和元年東日本台風等、記録的な大雨が頻発化・広域化しており、また、熊本地震、北海道胆振東部地震等、大規模な地震も全国で発生しています。

    特に、ここ数年の傾向として河川堤防が決壊し、広域的に農地(土砂堆積、崩壊等)・農業用施設(ため池、水路、農道、機場等)に大きな被害が発生する豪雨災害が多いなか、災害復旧の主体となる市町村においては、技術系職員の減少や大規模災害の経験が無いなどで、迅速、円滑な災害復旧に支障が生じている事例もあります。

    このため、国営事業所では、大雨特別警報が発令された災害等が発生した場合、農政局と連絡調整しながら、MAFF-SAT(農林水産省・サポート・アドバイスチーム)を被災市町村に派遣し、被災状況の迅速な把握、被害の発生及び拡大防止、被災地の早期復旧、その他災害応急対策に対する支援を行うこととしております。

    生業としての農業を続けてもらうため誰一人リタイアさせない、農家さんに寄り添いながら出来ることはすべてやる、この気持ちを持ちながら市町村、農家の皆さんを始めとした被災地、被災者を支援して行きます。

    今年は大きな災害が発生しないことを願って・・・。

    3【ふるさと元気だより】

    道の駅「山陽道やかげ宿」は町全体が道の駅

    岡山県拠点

    令和3年3月28日、道の駅「山陽道やかげ宿」が、国指定重要文化財である旧矢掛本陣石井家住宅と旧矢掛脇本陣高草家住宅が建つ矢掛商店街と並行する国道486号沿いにオープンしました。岡山市出身のデザイナー水戸岡鋭治氏のデザインによる駅舎は、かつての風情が色濃く残る周辺の町並みに溶け込むように黒を基調とした外観となっています。

    1階には、観光スポットや特産品を紹介する展示コーナーのほか、休憩コーナーの椅子には、ななつ星豪華列車と同じ生地が使用されています。2階には、キッズルームと展望デッキが用意されています。

    「山陽道やかげ宿」では、物販や飲食の店舗をあえて設けず、無電柱化により、江戸時代の宿場町が再現された矢掛商店街がその役割を担う「やかげまるごと道の駅」という全国的にも新しいスタイルになっています。

    町の中心部に観光客を迎え、もてなす「町の玄関」、賑わいの創出拠点として期待されています。

    4【お知らせ】

    【新着】「令和2年度食料・農業・農村白書」の公表について

    農林水産省は、5月25日に「令和2年度食料・農業・農村白書」を公表しました。今回の白書では、世界の経済・社会に大きな影響を及ぼしている「新型コロナウイルス感染症による影響と対応」を特集として掲載するなど、農業関係者以外にも広く我が国の食料・農業・農村について理解してもらうことを目指しています。

    【新着】新型コロナウイルス感染症の拡大下での新たな食育の取組~「令和2年度食育白書」の公表~

    農林水産省は、5月28日に「令和2年度食育白書」を公表しました。今回の白書では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大下における食育に関する取組について取り上げるとともに、特集として「食文化の継承に向けた食育の推進」及び令和3年3月に決定された「第4次食育推進基本計画」の概要を紹介しています。

    【新着】MAFFアプリに「熱中症警戒アラート」の通知機能を追加しました

    農作業中の熱中症による死亡事故は、平成30年は調査開始以降最も多い43人、令和元年も前年に次ぐ29人と近年急増しており、農業者の方に熱中症の警戒を促す手法の開発が課題となっていました。

    このため、農林水産省は、MAFFアプリに環境省及び気象庁が発表する「熱中症警戒アラート」を通知する機能を追加しました。

    「トビイロウンカ」の飛来が始まっています

    昨年、水稲作において大きな被害を与えたトビイロウンカの飛来が管内でも確認され始めました。この虫は大陸から風に乗って飛来し、世代交代を繰り返し、急激に増殖して、稲の株元から汁を吸うことで被害が発生し、ひどい場合は稲を枯らすこともあります。

    被害を受けないようにするため、各県の病害虫防除所が発表する発生予察情報などを参考に、効果の高い箱施用剤を選択・使用するとともに、本田防除を基本とした防除を実施してください。

    【新着】「てまえどり」にご協力ください

    農林水産省は、食品ロス削減に向け、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会、消費者庁、環境省と連携して、小売店舗が消費者に対して、商品棚の手前にある商品を選ぶ「てまえどり」を呼びかける取組を6月1日から行っています。

    すぐに食べるなら、手前をえらぶ。「てまえどり」にご協力ください。

    【新着】第16回食育推進全国大会オンライン開催について

    農林水産省は、6月26日(土曜日)、27日(日曜日)に開催する第16回食育推進全国大会について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を踏まえ、開催方法をオンラインでの開催に変更しました。

    【新着】「第6回 食育活動表彰」募集開始について(食育を推進する優れた取組を募集します!)

    農林水産省は、ボランティア活動、教育活動又は農林漁業、食品製造・販売等その他の事業活動を通じて食育を推進する取組を募集します。

    優れた取組は、第17回食育推進全国大会で表彰する予定です。食育活動を行っている皆さま、奮ってご応募ください。

    応募締切:令和3年9月10日(金曜日)

    【新着】令和3年度「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」の募集について

    農林水産省は、平成28年度に地域の食とそれを生み出す農林水産業を核として、訪日外国人の誘致を図る地域の取組を「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」として認定する制度を創設しました。

    今年度も令和3年6月1日(火曜日)~7月30日(金曜日)までの期間、地域の食とそれを生み出す農林水産業を核として訪日外国人の誘致を図る優れた取組を募集します。

    【新着】「食かけるプライズ2021」の募集開始について

     農林水産省は、訪日中の食に関わる体験をした外国人が帰国後も日本の食を再体験できるような環境整備を図り、日本産農林水産物・食品の輸出拡大につなげていく「食かけるプロジェクト」の一環として、日本各地の食・食文化を深く知ることができる食体験を表彰する「食かけるプライズ2021」の募集を開始しました。

    応募締切:令和3年7月19日(月曜日)

    【新着】令和3年度「(第6回)輸出に取り組む優良事業者表彰」の募集について

    公益財団法人食品等流通合理化促進機構では、農林水産省の「令和3年度農林水産物・食品輸出促進対策事業」の一環として、農林水産物・食品の輸出において優れた取組により顕著な実績を挙げている団体または個人を表彰する「輸出に取り組む優良事業者表彰」の候補者を募集します。

    募集対象:日本の農林水産物・食品の輸出に係わる業務に携わる団体(企業、法人、任意団体等)又は個人

    応募締切:令和3年7月31日(土曜日)

    【新着】令和3年産米等の地域農業再生協議会別の作付意向について

    中国四国農政局は、産地・生産者に対してきめ細やかな情報提供を行うため、令和3年産における管内の地域農業再生協議会別の主食用米、戦略作物等の作付意向(令和3年4月末現在)を取りまとめました。

    「令和3年度 農薬危害防止運動」の実施について

    農林水産省は、厚生労働省、環境省、都道府県等と共同で、農薬を使用する機会が増える6月から8月にかけて、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用等を推進する「農薬危害防止運動」を実施します。

    令和3年度の運動のテーマは「農薬は  周りに配慮し  正しく使用」です。

    5【消費者の部屋】 

    テーマ:「牛乳のこと、もっと知って、もっと飲もう」

    6月は牛乳月間です。おいしい牛乳・乳製品をたくさん摂取して、これからくる夏も乗り切りましょう!!

    6月7日(月曜日)からの消費者の部屋特別展示では、牛乳に関する基礎知識や、おいしく簡単に減塩できる乳和食の取組等について紹介します。

    開催期間:令和3年6月7日(月曜日)~令和3年6月18日(金曜日)
      8時30分~17時15分
      (土・日曜日は除く。最終日は13時まで)

    開催場所:中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
      (岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎1階) 

    6【ホームページの新着・更新に関する情報】

    政策情報 

    【農業生産】
    指定野菜の入荷量及び卸売価格の見通し(令和3年6月)
    https://www.maff.go.jp/chushi/press/se_tokusan/210531_2.html

    【統計情報】
    令和2年産みかんの収穫量における中国四国管内の全国上位順位(10位以内)
    https://www.maff.go.jp/chushi/info/toukei/00chushi/index.html#210520

    令和3年集落営農実態調査結果(令和3年2月1日現在 中国四国)
    https://www.maff.go.jp/chushi/info/toukei/00chushi/index.html#210528

    報道・広報

    【ニュースレター】
    https://www.maff.go.jp/chushi/kohoshi/mag_newsletter/

    【BUZZ MAFFチャンネル】
    https://www.youtube.com/channel/UCk2ryX95GgVFSTcVCH2HS2g/videos
    (外部リンク)

    申請・お問い合せ

    【発注・入札情報、その他公表事項】
    https://www.maff.go.jp/chushi/nyusatsu/

    その他

    【農政局ホームページ新着情報】
    https://www.maff.go.jp/chushi/sintyaku/

    編集後記

    4月から電車通勤が始まりました。これまで通学、通勤だけでなく、公共交通機関自体をほとんど利用したことがなかったので、しばらく戸惑うこともありました。実際に間違ったホームで待っていたことに気づいて、ドキッとしたこともあります。

    ただ、おかげで一日の歩数はかなり増えて、適度によい運動になっています。(い)


    • このメールマガジンは、農政情報をタイムリーにお届けするために、登録して頂いた方々に配信しています。
      配信の変更などはこちらからどうぞ。
      https://www.maff.go.jp/chushi/mailm/
    • PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Reader が必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。そのときは、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
    • メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望する場合はメールでお知らせください。寄せられたご意見などは、メールマガジンで紹介させていただくこともございます。
    • 中国四国農政局 お問い合わせ窓口
      https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html
    • 中国四国農政局 ホームページURL
      https://www.maff.go.jp/chushi/
    • 編集  〒700-8532  岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎
        中国四国農政局企画調整室
        電話:086-224-4511(代)(内線2111)
        FAX:086-235-8115

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

    お問合せ先

    企画調整室

    代表:086-224-4511(内線2111)
    ダイヤルイン:086-224-9400
    FAX:086-235-8115

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader