このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国あぐりレター 第474号 2021(令和3)年7月20日 中国四国農政局

    もくじ

    1. 【重要なお知らせ】
    2. 【ひとことメッセージ】
    3. 【ふるさと元気だより】
    4. 【イベント】
    5. 【お知らせ】
    6. 【消費者の部屋】
    7. 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    1 【重要なお知らせ】

    「みどりの食料システム戦略の策定」について

    農林水産省は令和3年5月12日、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現する「みどりの食料システム戦略」を策定しました。

    豚熱の発生に伴う監視体制の強化について

    令和3年7月8日現在、14県の飼養農場において69例の豚熱の発生が確認されています。

    また、豚熱については、発生原因の一つとされている野生イノシシ(陽性)が管内の近隣である兵庫県で発生しており、鳥取県及び岡山県は、豚熱ワクチン接種推奨地域に設定されています。

    豚飼養者の皆様におかれましては、徹底した飼養衛生管理と野生イノシシ等の侵入防止に努めるなど、飼養衛生管理基準の遵守をお願いします。

    なお、万が一、飼養する豚に異常を発見した場合には、直ちに最寄りの家畜保健衛生所に連絡してください。

    新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者への支援策について

    今般の新型コロナウイルスの感染拡大により、全国の農林水産業・食品産業に影響が広がっております。

    このため、農林水産省では、新型コロナウイルス感染症に伴う支援策を、他省庁の支援策も含め、取りまとめています。

    併せて、新型コロナウイルス感染症に係る農業者や食品事業者等からの相談については、農政局に設置している相談窓口にご連絡ください。

    • 新型コロナウイルスに関する相談窓口
      対応時間:平日9時00分~17時00分
      設置場所、連絡先:中国四国農政局 企画調整室(岡山市北区下石井1-4-1)
      電話:086-224-9400
      FAX:086-235-8115

    2 【ひとことメッセージ】

    政府備蓄米って知っていますか?

       生産部業務管理課長  佐土原  良信 

    政府備蓄米とは、読んで字のごとく、日本人の主食である米を将来の需給のひっ迫に備えて政府が蓄えているものであり、2年連続の不作にも対処しうる水準として100万トン程度を保管管理して運営しています。

    毎年、播種前に農林水産省が21万トン程度を買入れ、その後、民間事業者に委託して、温度15℃以下、湿度60~65%の低温倉庫の中で鮮度を保った状態で大切に保管され、何事もなければ、5年持越米となった段階で、主食用米の市場に影響を与えないように、飼料用などに販売しています。

    また、東日本大震災を踏まえた大規模災害への備えとして、平成24年度から、政府が買い入れる備蓄米の一部(500トン)を精米(無洗米)の形態で備蓄するようにしました。精米でストックすることで、緊急的な被災地からの供給要請や災害発生直後の精米供給能力の低下にも対応できるようになりました。

    近年、毎年のように全国各地で自然災害が頻発して、甚大な被害が発生しています。政府備蓄米は、国産米の不足や大規模災害への備えとして重要な役割があります。

    農林水産省では、食育の一環として、米の備蓄制度を知ってもらうために、学校給食や子ども食堂などに政府備蓄米の無償交付にも取り組んでいます。ぜひ、ご活用ください。

    3【ふるさと元気だより】

    「ミカンノソエギ」好評 ~食卓に爽やかな香りを届ける~

    愛媛県拠点

    愛媛県八幡浜市向灘地区は、温州みかんのトップブランド「日の丸みかん」の産地です。その向灘産の果実を使った発泡酒「ミカンノソエギ」が今、人気を集めています。

    商品を企画したのは、同市で食品卸売業を営む二宮食油。生果やジュース以外の新たな味覚をつくろうと、4年前から地元農家や飲食店と協力して準備を進め、今年4月に商品化しました。

    麦芽やホップにみかん果汁を加えるなど、試行錯誤を重ねたと言う二宮さん。商品名は、食卓や地域に楽しみを添えたいとの思いを込め、「ミカンノソエギ」に命名したと語っていました。

    現在は同市内でしか販売されていませんが、売れ行きは好調で製造が追いつかないほど。今後は、飲食店や観光客向けの飲みきりサイズなどの商品化も予定されています。

    ビールが苦手な人でも飲みやすく、みかんの香りが効いた爽やかな口当たりが特徴です。高級感があり、大切な人と特別な日に飲んでみてはどうでしょうか。


    発泡酒「ミカンノソエギ」
    発泡酒「ミカンノソエギ」

    4【イベント】

    【新着】消費者の部屋「子どものための夏休み企画(リモート版)」
    ~考えてみよう!農林水産業と私たちの食生活~の開設について

    中国四国農政局では、夏休みを迎えた子どもたちを対象に、色々な情報やクイズなどを通して、毎日の食生活を支えている地域の農林水産業の役割等について、楽しみながら学ぶことができるイベントコーナーをホームページに開設します。

    • 開設期間:令和3年8月2日(月曜日)~8月31日(火曜日)
    • 開設場所:中国四国農政局ホームページ「消費者の部屋(夏休み企画の御案内)」
    • 詳しくは、こちらをご覧ください。
      https://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/210719.html

    【新着】「中国四国農政局食育Webセミナー」学ぶ 食べる 育てる「マイ畑」
    ~どこでも だれでも 種からの野菜づくり~の開催について

    中国四国農政局は、子ども(幼児~学童)とその保護者及び食育に関心のある方を対象に、家庭で簡単にできる野菜づくりを通して、食べることの楽しさや大切さを学ぶWebセミナーを開催します。

    おうちでプチ農業体験!豆苗を育ててみませんか?たくさんのご参加をお待ちしています。

    • 申込期間:令和3年7月19日(月曜日)~令和3年8月25日(水曜日)
    • 動画配信期間:令和3年8月2日(月曜日)~令和3年8月31日(火曜日)(申込者限定公開)
    • 詳しくは、こちらをご覧ください。
      https://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/210719_26.html

    5【お知らせ】

    【新着】「病害虫発生予報第5号(水稲特集)」の発表について

    農林水産省は7月16日、「令和3年度病害虫発生予報第5号(水稲特集)」を発表しました。

    トビイロウンカは、多発生となった昨年と同様に発生が拡大することが懸念されています。また、斑点米カメムシ類及びいもち病の発生が一部の地域で多くなると予想されています。

    いずれも、各県病害虫防除所が発表する発生予察情報等を参考に適期・適切な防除を実施してください。

    【新着】農薬アプリ(農薬の安全使用のための農業者支援ソフト)の提供について

    農林水産省は、農薬・作物ごとのピンポイントな使用方法や注意事項をより見やすいかたちで検索・確認することができるスマホ用アプリを開発しました。

    どなたでも無料でご利用いただけます。

    「令和3年度 農薬危害防止運動」の実施について

    農林水産省は8月末まで、厚生労働省、環境省、都道府県等と共同で、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬の使用等を推進する「農薬危害防止運動」を実施しています。

    令和3年度の運動のテーマは「農薬は  周りに配慮し  正しく使用」です。

    【新着】夏休みの自由研究にも役立つ特設Webサイト「マフ塾」がオープン!

    農林水産省は、令和3年度「こども霞が関見学デー」の一環として、夏休みの自由研究にも役立つ27のオンラインプログラムを掲載した特設Webサイト「マフ塾」をオープンしました。今年は、当省初のライブ配信企画「官僚YouTuber電話相談室」をはじめ、全国どこからでも農・林・水を学べる多彩なコンテンツをご用意しています。

    【新着】農林水産業・食品産業の作業安全のための事故体感「VR映像」を作成しました

    農林水産省は、農林水産業・食品産業の安全意識向上のため、作業事故を自分にも起こり得ることとして体感できる、事故体感VR(バーチャルリアリティー)映像を作成しました。

    個人での視聴の他、作業安全研修や農林水産業・食品産業のイベントなどでご活用ください。

    高収益作物次期作支援交付金に係る事業実施主体の公募について(第4次公募)

    農林水産省は、新型コロナウイルス感染症のまん延防止のための緊急事態宣言(令和3年1月~3月)により売上減少の影響を受けた高収益作物について、直接販売や契約栽培、輸出に向けて販路の転換又は拡大に取り組む農業者に対して、次期作における生産・流通コストの削減、生産性又は品質向上に要する資材等の導入、土づくり・排水対策等作柄安定等に資する取組を、その減収の範囲内で支援します。

    令和3年度「飼料用米多収日本一」の募集について

    農林水産省及び一般社団法人日本飼料用米振興協会は、飼料用米の生産に取り組む農家の生産技術の向上を図るため、令和3年度「飼料用米多収日本一」コンテストを募集します。

    • 募集対象:飼料用米の作付面積が、おおむね1ヘクタール以上(区分管理に限る)あり、飼料用米の多収化、生産コスト低減等に取り組む生産者
    • 応募締切:令和3年7月30日(金曜日)
    • 詳しくは、こちらをご覧ください。
      https://www.maff.go.jp/chushi/seisan/kome/tasyunihon.html

    令和3年度「(第6回)輸出に取り組む優良事業者表彰」の募集について

    公益財団法人食品等流通合理化促進機構は、農林水産物・食品の輸出において優れた取組により顕著な実績を挙げている団体または個人を表彰する「輸出に取り組む優良事業者表彰」の候補者を募集します。

    • 応募締切:令和3年7月31日(土曜日)
    • 詳しくは、こちらをご覧下さい。(食品等流通合理化促進機構ホームページ)
      http://www.ofsi.or.jp/kaigai/

    令和3年度6次産業化アワード・地産地消等優良活動表彰の実施について

    農林水産省は、農林漁業者等の経営の多角化により、所得の向上や地域の活性化につながる優れた取組を表彰する「6次産業化アワード」と、地域の農林水産物の利用により、地域の農林漁業・関連産業の振興や食育に資する優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施します。

    「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」(第8回選定)エントリー募集について

    農林水産省では、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝アワード」(第8回選定)と称して、地域の活性化や所得向上に取り組んでいる優良事例を募集します。

    「第6回 食育活動表彰」の募集について

    農林水産省は、ボランティア活動、教育活動又は農林漁業、食品製造・販売等その他の事業活動を通じて食育を推進する取組を募集します。

    「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」の実施について

    農林水産省は、持続可能な農業の確立を目指し意欲的に経営や技術の改善等に取り組んでいる農業者等を表彰する「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」を実施します。

    GAP部門、有機農業・環境保全型農業部門から農林水産大臣賞を選定しますので、奮ってご応募ください。

    6【消費者の部屋】 

    テーマ:安全な農畜水産物を食卓に届けるために!

    安全な食品を消費者の皆さんに届けるためには、安全な農薬、肥料、飼料等の生産資材を使わなければいけません。さらに農畜水産物の生産、加工・製造、流通などすべての段階の事業者によって安全が守られなければいけません。

    7月12日(月曜日)から開催の消費者の部屋特別展示では、生産資材の品質と安全を確保するための制度、安全な食品を届けるための仕組みについて、わかりやすくご紹介しています。

    • 開催期間
      令和3年7月12日(月曜日)~7月30日(金曜日)8時30分~17時15分
      (土・日曜日、祝日は除く。最終日は13時まで)
    • 開催場所
      中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
      (岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎1階)
    • 詳しくは、こちらをご覧ください。
      https://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/210701.html

    7【ホームページの新着・更新に関する情報】

    政策情報 

    【農業生産】
    指定野菜の入荷量及び卸売価格の見通し(令和3年7月)
    https://www.maff.go.jp/chushi/press/se_tokusan/210630.html 

    報道・広報

    【ニュースレター】
    https://www.maff.go.jp/chushi/kohoshi/mag_newsletter/

    【BUZZ MAFFチャンネル】
    https://www.youtube.com/channel/UCk2ryX95GgVFSTcVCH2HS2g/videos
    (外部リンク)

    申請・お問い合せ

    【発注・入札情報、その他公表事項】
    https://www.maff.go.jp/chushi/nyusatsu/

    その他

    【農政局ホームページ新着情報】
    https://www.maff.go.jp/chushi/sintyaku/

    編集後記

    孫の守りを時々するのですが、孫娘は気分によってキックボードで走り出します。世間で問題となっている電動モーター付きではなく、自力走行型です。

    まだ、未就学で交通ルールなど知らぬ存ぜぬで、「ちょっと待って。」と叫んでも止まらず、気持ちよさそうに飛ばします。

    こちらは走ってついて行こうとしても、いかんせん還暦間近。幸いにも田舎道のため、ほとんど車は通らないのですが、電動キックボードがあれば・・・。(か)


    • このメールマガジンは、農政情報をタイムリーにお届けするために、登録して頂いた方々に配信しています。
      配信の変更などはこちらからどうぞ。
      https://www.maff.go.jp/chushi/mailm/
    • PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Reader が必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。そのときは、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
    • メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望する場合はメールでお知らせください。寄せられたご意見などは、メールマガジンで紹介させていただくこともございます。
    • 中国四国農政局 お問い合わせ窓口
      https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html
    • 中国四国農政局 ホームページURL
      https://www.maff.go.jp/chushi/
    • 編集  〒700-8532  岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎
        中国四国農政局企画調整室
        電話:086-224-4511(代)(内線2111)
        FAX:086-235-8115

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

    お問合せ先

    企画調整室

    代表:086-224-4511(内線2111)
    ダイヤルイン:086-224-9400
    FAX:086-235-8115

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader