このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国あぐりレター 第369号 2017(平成29)年4月5日 中国四国農政局

    もくじ

    1 【重要なお知らせ】

    2 【ひとことメッセージ】

    3 【ふるさと元気だより】

    4 【お知らせ】

    5 【消費者の部屋】

    6 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    1 【重要なお知らせ】

    「米政策改革について」~米政策説明動画が公開されました!~

    30年産からの米政策見直しへの円滑な移行に向け、各県関係者・担い手に対しキャラバンを実施し、政策の見直しについて説明・意見交換を実施しているところですが、さらに、多くの生産者及び関係者の方々に理解を深めていただくため、インタビュー形式で柄澤政策統括官が説明する動画を制作し、公開いたしましたので、ぜひご覧ください。

    「農業競争力強化プログラム」~日本の農業、もっと強く。~

    農業者の所得向上に向け、農業者が自由に経営展開できる環境を整備するとともに、農業者の努力では解決できない構造的な問題を解決していくため、農業競争力強化プログラムが決定され農林水産業・地域の活力創造プランの中に位置付けられました。

    このプログラムの具体的な内容を知っていただけるよう、説明動画を農林水産省ホームページへ掲載しましたので、ご覧ください。

    説明動画はこちらをチェック!

    また、政府広報オンラインにおいても、「農業競争力強化プログラム」について紹介していますので併せてご覧ください。

    「高病原性鳥インフルエンザの発生について」

    昨年11月末以降、9道県12家きん農場において、高病原性鳥インフルエンザが相次いで発生しており、3月24日にも宮城県及び千葉県内の家きん農家において発生しています。

    中国四国管内においても、昨年11月末以降に鳥取県内、本年1月17日にも山口県内の野鳥等から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されており、家きん飼養者の皆様におかれましては、徹底した消毒と野鳥等の侵入防止に努めるなど厳重な警戒を引き続きお願いします。

    また、これまで以上に念入りに、飼養家きんの毎日の健康観察を行い、異状を見つけた場合には、直ちに最寄りの家畜保健衛生所に連絡してください。

    なお、我が国では、これまで家きん肉及び家きん卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。

    2 【ひとことメッセージ】

    「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」中国四国応援プロジェクト取組事例集(平成28年度リニューアル版)のご紹介

    前中国四国農政局地方参事官(特命・事業計画)  内藤 久仁彦
    (現東海農政局木曽川水系土地改良調査管理事務所長)

    内閣官房と農林水産省は、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化や所得向上等に取り組んでいる優良事例を「農山漁村(むら)の宝」として選定し、全国に発信しています。

    平成28年度は、中国四国管内からは175地区のご応募をいただきました。

    その中から6地区が「農山漁村(むら)の宝」として選定されましたが、この6地区以外にもすばらしい取組が各地で行われていることから、中国四国農政局では、今年度も中国四国応援プロジェクトとして、選定された地区だけでなく選定に至らなかった多くの地区の取組内容も幅広く紹介しています。

    3月27日に、今年度新たに応募のあった地区も加えたリニューアル版をホームページにアップしました。

    「観光との連携」「インバウンド」「6次産業化」「地産地消」「医療福祉」など、様々な活動に頑張っている元気な「むら」の活動が地域の活性化に取り組んでおられる多くの皆様のご参考となれば幸いです。

    3 【ふるさと元気だより】

    フジカワ果樹園「ワクワクの産地直売所」オープン

    香川県拠点

    平成29年2月、観音寺市大野原町にフジカワ果樹園「ワクワクの産地直売所」がオープンしました。同市の(有)藤川果樹園が開いたもので、同園が栽培した柑橘類やレモン加工品などが販売されています。

    同園では、瀬戸内の温暖な気候のもと、「温州みかん」「はるみ」「せとか」などを約7ヘクタールで栽培しています。コクのある美味しさを引き出すために、独自でブレンドした有機肥料や魚肉エキスを使用し、自然本来の力を利用したこだわりの農法を行っています。また、ハウス栽培の「レモン」「不知火」は、香川県エコファーマー栽培の認証を取得するなど、安心・安全で高品質な柑橘の栽培に取り組んでいます。

    同園の出口隆幸ゼネラルマネージャーは、「お客様と直に接しながら、こだわりの味を届けたい。直売所に来て、食べて、ワクワクしながら購入して頂きたい。」と話され、開設して間もないながら予想を超える来店者があるとのことです。

    直売所は、4月から5月にかけては「セミノールオレンジ」「不知火(ハウス栽培)」が並び、「甘夏柑」が終了する6月まで開かれます。

    営業時間:10時~17時(土日祝日は9時~17時、6月までは無休)

    【問い合わせ先】
      フジカワ果樹園

    • 電話 0875-27-6770
    • E-mail fm(アットマーク)fujikawa-mikan.com
      注)迷惑メール対策のため「@」を「(アットマーク)」と表記しています。送信の際には「@」に変更して下さい。
    • ホームページ http://www.fujikawa-mikan.com

    4 【お知らせ】

    「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」中国四国応援プロジェクト取組事例集の更新について

    中国四国地域で「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に応募された団体の取組概要等を取りまとめた事例集について、平成28年度応募の取組も加えて内容を更新し、中国四国農政局ホームページに掲載しましたので、お知らせします。

    「平成28年度輸出に取り組む優良事業者表彰」における表彰式典の開催ついて

    農林水産省は、このたび、「平成28年度輸出に取り組む優良事業者表彰の農林水産大臣賞及び食料産業局長賞決定しました。現在、平成29年4月21日に東京都において開催する表彰式典の参加者を募集しています。 

    平成29年度農業農村整備事業優良工事等表彰のうち地域貢献活動に係る応募について

    中国四国農政局では、農業農村整備事業等を実施した受益地区内で優れた地域貢献活動を行っている企業を表彰する制度を設けており、本制度への応募をお願いしています。

    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/nyusatsu/H29tiikikouken.html

    農林水産物・食品の輸出相談窓口について

    農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、農林水産物及び食品の輸出に関して、お気軽にご相談いただけるよう、国内各地に相談窓口を設置しています。
    諸外国の規制・制度、国の支援事業、輸出先国のマーケット情報、輸出等のお問い合わせに、ぜひご活用下さい。

    【植物性自然毒情報】野菜・山菜と似た有毒植物の誤食に注意しましょう

    有毒植物による食中毒は、毎年春、特に4~5月に多く発生しています。

    農林水産省では、野菜や山菜に似た有毒植物の誤食による食中毒を防止するため、野菜や山菜を出荷する生産者や消費者の皆様等にご活用いただけるよう、それらの特徴を示した、「野菜・山菜とそれに似た有毒植物」のリーフレットを作成し、ホームページに掲載しています。

    ニラ、ギョウジャニンニク、ギボウシ類に続き新たにフキ(ふきのとう)と、それと間違えやすい有毒植物(ハシリドコロ、フクジュソウ)の特徴をまとめたリーフレットを作成しましたので、ご活用ください。

    「平成28年(2016年)熊本地震」に関する情報

    熊本地震に関する情報は、こちらをご覧ください。
    (農林水産省ホームページ)
    http://www.maff.go.jp/j/saigai/zisin/160414/kumamoto/index.html

    東日本大震災に関する情報

    東日本大震災に関する情報は、こちらをご覧ください。
    (農林水産省ホームページ)
    http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

    5 【消費者の部屋】

    テーマ:「今日から始めよう!家庭で上手に食料備蓄」

    地震等の大規模な災害時には、自宅での避難生活を余儀なくされる可能性があります。こうした事態に備えるためには、日頃から最低でも3日分、できれば1週間分程度の家庭での食料品の備蓄が望まれます。

    今回の消費者の部屋展示では、大規模な災害に備えて家庭で上手に食料品等を備蓄するポイントや備蓄に適した食料品を紹介します。

    • 開催期間:平成29年4月3日(月曜日)~平成29年4月21日(金曜日)
        8時30分~17時15分
        (土曜日・日曜日・祝日を除く。最終日は13時まで)
    • 開催場所中国四国農政局「消費者の部屋」展示コーナー
        (岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎 1階)
    • 詳しくはこちらをご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/chushi/press/seikatsu/170327.html

    6 【ホームページの新着・更新に関する情報】

    農業生産
    主要野菜の入荷量及び卸売価格の見通し(平成29年4月)について
    http://www.maff.go.jp/chushi/press/se_tokusan/170331.html

    農村振興
    平成29年度 農山漁村振興交付金(都市農村共生・対流及び地域活性化対策(農福連携対策を除く。))の公募結果について
    http://www.maff.go.jp/chushi/green/nousangyoson/attach/pdf/index-2.pdf

    統計情報
    「集落営農実態調査(平成29年2月1日現在 中国四国地域)」の公表についてhttp://www.maff.go.jp/chushi/info/toukei/00chushi/attach/pdf/index-25.pdf

    「平成27~28年農林水産統計年報」を掲載

    報道・広報

    申請・お問い合せ

    【その他】

    編集後記

    新年度を迎え、生活環境が変わった方も多いのではないでしょうか。
    当メールマガジン「中国四国あぐりレター」の編集担当者も、4月から変更があったところです。
    これまで同様、農林水産行政等について広く、わかりやすく、皆様のお役に立つ情報を届けていきたいと考えておりますので、引き続き御愛読いただきますよう、よろしくお願いいたします。(Ya)

    フルカラーで画像付きのHTML版は、こちらから

    • http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/magazine/index.html
    • このメールマガジンは、農政情報をタイムリーにお届けするために、登録して頂いた方々に配信しています。
      配信の変更などはこちらからどうぞ。
      http://www.maff.go.jp/chushi/mailm/index.html
    • PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Reader が必要です。
      なお、一部のメールソフトでは、URLをクリックしてもブラウザが立ち上がらない場合があります。その際は、インターネット・エクスプローラ等にURLをコピーしてご覧ください。
    • メールマガジンへのご意見・ご要望、または転載を希望される場合は、メールでお知らせください。寄せられたご意見などは、個人情報を伏せた上でメールマガジンで紹介させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。
    • 問い合わせ窓口  https://www.contactus.maff.go.jp/j/chushi/form/161125.html  
    • ホームページURL  http://www.maff.go.jp/chushi/
    • 編集〒700-8532岡山市北区下石井1-4-1岡山第2合同庁舎
      中国四国農政局企画調整室
      TEL:086-224-4511(代)(内線2295)
      FAX:086-235-8115

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    お問合せ先

    企画調整室

    担当者:交流係
    代表:086-224-4511(内線2295)
    ダイヤルイン:086-224-9400
    FAX番号:086-235-8115