ホーム > 高知県拠点 > 高知県農林水産業の概要(農業-野菜-)


ここから本文です。

こうち農政情報

高知県の花「やまもも」

高知県農林水産業の概要(農業-野菜-)

(平成21年産)

   1農家数、農業就業人口   2耕地面積   3農業産出額   4農業経営   5水稲   6野菜   7果樹   8花き   9畜産      高知県の概要

6 野菜

なす、みょうがなどが日本一の出荷量-

高知県では、冬季の温暖な気候と日照時間が長いことを活かした施設野菜の生産が盛んです。 中でも、なす、にら、きゅうり、みょうがなどの全国有数の産地となっています。
露地野菜ではしょうがの作付けが多くなっています。

なす :平成21年産の作付面積は373ha、出荷量は3万6,700トンで、全国1位でした(全国シェア13%)。なお、出荷量は昭和53年産から31年間の間1位で推移しています。
        特に冬春なすの10アール当たり収量は10トンを超えており生産性の高さは、栽培技術が高いことを示しています。nasu

しょうが : 平成21年産の作付面積は454ha、出荷量は16,300トンで、全国1位(全国シェア43%)でした。

に      ら : 平成21年産の作付面積は240ha、出荷量は1万4,500トンで、全国1位(全国シェア24%)でした。 高知県では、多くがビニールハウスで栽培され、周年出荷しています。

yasai01

 

きゅうり    :   平成21年産の作付面積は201ha、出荷量は2万5,000トンで、全国7位(全国シェア5%)でした。うち、冬春きゅうりは2万4,600トン、全国5位(全国シェア8%)でした。
みょうが   :   生産局野菜課の表式調査(平成20年産)によると作付面積は97ha、収穫量は4,328トンで、全国の76%を占め1位でした。

myouga teisei

 

 

その他    高知県ではこれらのほかにメロン、ししとう、ピーマン、ねぎ、オクラなどの作付けが盛んです。

 

中国四国農政局案内

リンク集