このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    「岡山備南千両なす」 ブランド産地の取組

    岡山市  JA岡山備南施設茄子部会

    カメラ付き選果機と千両なすの画像

    (カメラ付き選果機と千両なす)

    なすの花と害虫であるアザミウマの天敵タバコカスミガメの画像

    (なすの花とタバコカスミガメ)

     経営規模

    • 生産者:82戸
    • 栽培面積:14.4ヘクタール
    • 出荷数量:約2,000トン/年
    • 販売金額:約10憶円/年

    取組の経緯

      昭和44年施設茄子の栽培を開始、「岡山備南千両なす」のブランド化を図り今年51年を迎える。      
      共同育苗、カメラ付き自動選果機の導入などにより、選果体制の効率化を図ってきた。

    取組の概要

    • 栽培の取組
         児島湾干拓地のミネラル豊富な土壌と、冬季の瀬戸内の温暖な気候を利用して、9月から6月末(出荷ピークは4月から6月)の間、冬春なす(千両なす)のハウス栽培を行っている。
         開花した花の色、大きさ等により結実させる花を選択するなど、手間を惜しまない栽培技術が確立されており、皮が薄く、実の詰まった品質の高いなすを栽培している。
         平成25年頃から、害虫であるアザミウマの天敵(タバコカスミガメ、スワルスキーカブリダニ)を導入し、農薬の使用量、散布回数を大きく減らした。
         接ぎ木苗(約8万本)の共同育苗、ハウス内の温度管理の自動化や、かん水パイプの利用など、作業の効率化を図っている。
    • 出荷・販売
         選果場では、生産者が一次選果したなすを、カメラ付自動選果機を使って、大きさ、色、形等により13等級に効率よく選果している。
         10アールあたりの収穫量は他産地より少ないが、高品質のなすを生産・出荷しているため、他産地に比べ高単価で取引されている。
         色が濃く皮の歯切れが良いことから、京都の漬物原料として需要がある。
         千両なすのような中長なすは、関西圏より東で需要が多く、主な出荷先は京都市場、東京の3市場他、大阪、神奈川、兵庫など。

    取組の課題と対応

    •   現在、選果場で小売店向けのなすを小分け袋詰めして出荷しているが、なすの皮は滑りにくいため、手作業で袋詰めを行っている。
        今後、袋詰めの機械等を導入することにより、作業の効率化を図りたい。

    お問い合わせ先

    JA岡山備南施設茄子部会

    岡山市南区北七区61-1
    TEL:086-363-5122
    JA岡山HPアドレス:https://www.ja-okayama.or.jp

    印刷用

    岡山備南千両なすブランド化の取組の印刷用画像(PDF : 200KB)

    お問合せ先

    中国四国農政局岡山県拠点地方参事官室
    〒700-0927
    岡山県岡山市北区西古松2丁目6-18 西古松合同庁舎3階
    電話:086-899-8610
    FAX:086-899-8611

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader