このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    牛乳月間(牛乳の消費拡大運動)について

      国連食糧農業機関(FAO)は牛乳への関心を高め、酪農・乳業の仕事を多くの方に知ってもらうことを目的に、6月1日を「世界牛乳の日(World Milk Day)」と定め、これにちなんで我が国でも毎年6月1日を「牛乳の日」、6月を「牛乳月間」としています。

    1.牛乳月間とは

      平成13年に国連食糧農業機関(FAO)が、6月1日を「世界牛乳の日」とすることを提唱し、平成19年に酪農・乳業の全国団体である一般社団法人Jミルクが6月1日を「牛乳の日」、6月を「牛乳月間」と定め、全国各地の酪農・乳業団体による牛乳の消費拡大運動が展開されています。

    2.岡山県内での取組

      この運動の一環として、おかやま酪農業協同組合女性部・青年部の代表による中国四国農政局長への表敬訪問が行われました。
        日時:平成30年6月6日(水曜日) 10時30分~11時05分
        場所:中国四国農政局局長室(中国四国農政局6F)
        概要:おかやま酪農業協同組合女性部・青年部より牛乳が贈呈され、贈呈された牛乳を試飲した後、牛乳の消費拡大等の意見交換を行いました。

         懇談会  集合写真

      また、おかやま酪農業協同組合女性部・青年部は、同じ日に岡山県知事を表敬訪問するとともに、JR岡山駅前において牛乳消費拡大PRを行いました。

    3.中国四国農政局管内における動き

      管内各県の酪農・乳業団体において、牛乳の日・牛乳月間に合わせて牛乳の消費拡大に向けた取組を実施することとしています。
        ・鳥取県:鳥取県知事への牛乳贈呈
        ・島根県:「牛乳の日」街頭キャンペーン
        ・広島県:「牛乳の日」広島県知事訪問
        ・山口県:下関市長への牛乳贈呈、MILK・JAPAN In ソレーネ周南
       

    関連リンク
       牛乳の日・牛乳月間全国のイベント(一般社団法人JミルクHP)

       ミルクジャパン活動紹介(一般社団法人中央酪農会議HP)

    お問合せ先

    生産部畜産課
    担当者:桑原、甲〆 
    代表:086-224-4511(内線2463)
    ダイヤルイン:086-224-9412
    FAX:086-232-7225

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader