このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    中国四国認定(平成30年度)

    中国四国認定(平成31年2月8日認定)

    四国地域2件

    番号 中小企業・
    農林漁業の別
    事業者名 地域名 事業テーマ 事業概要
    1  農林漁業  瀧本  亀六 愛媛県
    (大洲市)
    国産シルクから抽出したナノレベルのフィブロインを活用したスカルプトニックの開発・製造・販売   本事業は、繭から抽出したナノレベルのフィブロインを活用して、スカルプトニックの開発、製造、販売を行う。
      具体的には、大洲市の養蚕農家である瀧本亀六が桑を生産し、蚕を育てさなぎを取り除いた繭の供給を行い、(株)ディックが新たに2019年7月に稼働を予定しているシルク加工工場においてシルクの主成分であるフィブロインをナノレベル(1ミリの100万分の1)で抽出・精製しシルク原料を製造する。
      (株)リバースプロジェクトトレーディングは、シルク原料の供給を受けスカルプトニックの商品企画と規格設計を行い、(株)プロテックス・ジャパンに製造委託し最終製品を仕上げる。製品を梱包するパッケージデザインからPR、販路開拓、市場ニーズの喚起に至るまでは(株)リバースプロジェクトトレーディングが中心となり行う。
      シルクを使用したヘアケア商品は既に市場に存在するが、その原料は中国製に由来するものやセリシンを活用した商品が大半である。本商品はシルクを構成する主成分であるフィブロインを使用していることに大きな違いがあり、国産シルクだからこその安全性は、商品の付加価値を高めるもので、競合商品と比べても優位性があると考えられる。
     中小企業  (株)リバースプロジェクトトレーディング 愛媛県
    (松山市)
     中小企業
     (株)ディック 愛媛県
    (松山市)
    2  農林漁業  久万広域森林組合 愛媛県
    (久万高原町)
    ドローンを活用した森林および農地情報の広域収集と可視化システムの開発・販売   本事業は、久万広域森林組合が管理する管理地の樹種等のデータを(株)ジツタに提供することにより、(株)ジツタがドローン空撮した森林画像解析の高精度化を図り、農林地画像解析システム及び農林地画像撮影・解析サービスの開発、販売を行う。
      (株)ジツタについては、広域な土地を管理する必要のある全国の森林組合や市町村役場を販売ターゲットとして、農林地画像解析システム及びサービスを販売するものである。
      現在、広域な土地情報の収集手段は、大規模災害等の特別な場合しか実施されておらず、価格も有人機に数千万~数億円の装置を搭載して実施されている。本事業で開発するシステムは、ドローンを使用することにより、設備が数百万と安価であり、競合商品と比べても優位性がある。
      久万広域森林組合については、H29年度から林野庁の林業成長産業創出モデル事業に認定され、その取り組みとして、原木の生産流通に関する総合商社「久万林業本部」を設立し、効率的に販路拡大を目指しているところである。今回、(株)ジツタがドローンによる森林資源量把握システムを構築する過程で、久万高原地域内の森林資源量把握を行うことにより原木の調達が容易になり、総合商社に原木供給が拡大することにより売上向上が見込まれる。
     中小企業  (株)ジツタ 愛媛県
    (松山市)

    お問合せ先

    経営・事業支援部地域連携課
    代表:086-224-4511(内線2171)
    ダイヤルイン:086-224-9415
    FAX:086-224-7736