このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

移動消費者の部屋「考えよう、災害への備え~いつもの食品でムリなく家庭備蓄~」開催報告


【とき】平成29年2月21日(火曜日)10時30分~15時30分
【ところ】白石区複合庁舎 地下2階 まちづくりイベント広場
【主催】農林水産省 北海道農政事務所
 
地震等の大規模な災害時には、一時的に食料が手に入らなくなる可能性があり、家庭などでの食料品の備蓄が大切となります。消費者の皆様に、災害に備えた食料品備蓄の重要性を周知し、日頃からいつもの食品で無理なく家庭で備蓄に取り組んでいただくことを目的に、移動消費者の部屋「考えてみよう、災害への備え~いつもの食品でムリなく家庭備蓄~」を開催しました。
 
上手に備蓄するためのポイントや、備蓄に適した食品の特徴をパネルで紹介するとともに、3日間分の非常食の展示や「緊急時に備えた食料品備蓄ガイド」等のパンフレット配布を行いました。


展示全体の様子【会場の様子1】 消費者の方と会話している様子1【会場の様子2】
パネルと非常食の展示の様子【会場の様子3】 パネル展示の様子【会場の様子4】


リンク

お問合せ先

消費・安全部 消費生活課

ダイヤルイン:011-330-8813
FAX番号:011-520-3056

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader