このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

ガイドラインを遵守して万全の対策を!

函館市水産物地方卸売市場内の卸売業者、函館魚市場(株)は近年のスルメイカなどの不漁に加え、新型コロナウイルス感染症の影響による観光客の減少や物流の停滞などにより市場価格が低落するなど厳しい経営環境に置かれています。
市場では、セリを行う際、フェイスガードとマスクの着用を義務化。消毒やソーシャルディスタンス等ガイドラインに基づく対策のほか、職員の休暇取得や早退の促進等による感染拡大防止対策も実施しています。
市場内のコロナ対策委員長を兼務する山本専務取締役は、「コロナの先行きは見通せないが、今はこの市場から発生させないことが何より大切。職員の健康管理を最優先に取り組みつつ収束を待ちたい。」と話されました。


撮影データ

◯撮影年月日:令和2年7月10日(金曜日)
◯撮影場所:函館市


セリ開始前の様子

セリを前に

フェイスガードを着けたセリ人

セリ人はフェイスガード着用

マスク着用している仲買人

仲買人はマスク着用

セリが終わった様子

セリを終えて



お問合せ先

函館地域拠点地方参事官室

TEL:0138-26-7800
FAX:0138-26-7744