このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

子ども食堂を工夫しながら開催

(一財)北海道国際交流センターは、毎週金曜日に地域のコミュニティによる子ども食堂を開催しています。
   新型コロナウイルス感染症拡大の影響で3月には休止、4月からテイクアウトに切り替えるなど工夫を重ねながら開催を続けてきましたが、最近では徐々に子どもたちの姿がみられるようになりました。
   交流センターの池田誠専務は、食材の提供や調理は地域の農家や、ボランティアなどの協力により運営していることを紹介。子ども食堂を担当するコーディネーターの吉村美悠さんは、「今後はキッチンカーでのデリバリーも行いたい」など、抱負を述べられました。


撮影データ

◯撮影年月日:令和2年10月2日(金曜日)
◯撮影場所:函館市(北海道国際交流センター)


おいしいねおいしいね

みんなおいで
みんなおいで~

提供された食材を紹介提供された食材を紹介

ボランティアによる調理ボランティアによる調理

テイクアウト用のお弁当テイクアウト用のお弁当

友達も気になる友達も気になるゥ~

ごはんまだかなごはんまだかな~

食堂の概要を説明食堂の概要を説明



お問合せ先

函館地域拠点地方参事官室

TEL:0138-26-7800
FAX:0138-26-7744