このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

伝統食「こうれん」を学ぶ交流会が開催されました。

   令和3年6月25日、「わが村は美しく―北海道」運動(函館地域拠点が審査員として参画)の一環として、「伝統食作り交流会」が「ななえの食を考える会」と「えさし水土里の会」の共同企画で開催されました。
   前半は江差町の伝統食「こうれん」作り、後半は七飯町の箱館醸蔵「郷宝」からの米粉を使った麺や七飯町の野菜を使ったサラダの試食等。参加者からは薄れつつある地域の伝統食をいかに継承していくかなど意見が多く出されました。
(※「こうれん」とは、檜山南部地域に伝わる米粉を使用した伝統的な郷土菓子)


撮影データ

◯撮影年月日:令和3年6月25日(金曜日)
◯撮影場所:七飯町(文化交流センター)


もち生地をのし棒で成形中

【モチ生地をのし棒で成形中】

成形作業に奮闘中の男性陣

【円形工程に奮闘中の男性陣】

すだれの上に並べて乾燥中

【すだれの上に並べて乾燥中】

乾燥中のこうれん

【乾燥中のこうれん】

伝統力について意見交換している様子

【伝統食について意見交換】

お問合せ先

函館地域拠点地方参事官室

TEL:0138-26-7800
FAX:0138-26-7744