このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

障がい者就労支援拠点(知内FDセンター)が完成

平成30年4月6日(金曜日)、知内町湯ノ里地区に渡島西部4町(木古内、福島、知内、松前)の障がい者雇用の新拠点として建設が進められていた江差福祉会(樋口英俊理事長)の就労継続支援B型事業所「知内FDセンター」が完成し、知内町や福祉関係者約100名が出席し落成式が開催されました。
同センターは、障がい者30名、職員14名で運営され、知内産新規需要米の米粉を使った即席麺・パン・ビスケットなど災害備蓄向けのFD(フリーズドライ)製品を製造することとしており、今後は知的障がい者がグループホームで共に暮らしながら働くことを予定しています。


撮影データ

◯撮影年月日:平成30年4月6日(金曜日)
◯撮影場所: 知内町 知内FDセンター



【知内FDセンター外観】


【挨拶する樋口理事長】


【松崎施設長(左端)と
職員の皆さん】

【下処理室】
原材料の点検後作業開始

【2機のFD(フリーズドライ)機】
北海道に数機しかない貴重な機械

【利用者の代表挨拶】
小林勇太氏(左)、松尾彩佳氏(右)






























お問合せ先

函館地域拠点地方参事官室

TEL:0138-26-7800
FAX:0138-26-7744