このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

北斗市4Hクラブが育てた落花生の収穫体験(市渡小学校)

  10月19日(金曜日)、北斗市市渡(いちのわたり)小学校4年生12人は、北斗市4Hクラブ(中川明会長、会員21人)が北斗市八郎沼地区で育ててきた「落花生」の収穫体験を行いました。
  同クラブは、北斗市に新たな特産品を作ろうと、平成26年から道内では珍しい落花生の栽培を始め、食育の観点からも小学生に「種まき、草取り、収穫」体験の場を提供してきました。
  参加した児童は、3アール程の圃場で育てた「郷の香」(さとのか:品種名)コンテナ約30個分を収穫しました。児童からは、「抜くのに腰が痛かった」、「作る人の苦労が少しわかった」、「(生育過程を観察することで)漢字で落花生と書く意味がわかった」との率直な感想の他、「根っこの丸い粒は何?」と観察から「根粒菌」の存在に気づく児童もおり、普及センターの職員が丁寧に教える一幕もあって、作物への理解を深めていました。
  この日収穫した落花生は、JA新はこだて大野基幹支店「収穫感謝祭」(10月20~21日)で販売され、完売しました。


撮影データ

◯撮影年月日:平成30年10月19日(金曜日)
◯撮影場所: 北斗市



【北斗市特産「マルメロ」(手前)落花生(奥)】


【よろしくお願いします】


【中川会長からの説明(正面奥)】
 

【郷の香(さとのか)】
 

【息の合った収穫作業】


【土付き落花生】


【どんどんとるよ】
 

【抜くの結構重いね】


【たくさん収穫できたぞー!】


































お問合せ先

函館地域拠点地方参事官室

TEL:0138-26-7800
FAX:0138-26-7744