このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

「農業と障がい者福祉の連携を推進するセミナー」が開催されました。

   令和2年11月5日、江差町の北海道檜山振興局において「令和2年度農業と障がい者福祉の連携を推進するセミナー」(主催:北海道檜山振興局)が、道南地域農福連携推進会議会員など約50名の参加により開催されました。
   セミナーでは、障がい者が生き生きと働ける就労の場確保と農業分野の労働力確保の双方の課題を同時に解決が期待できる農福連携の取組として、月形町でのNPO法人サトニクラスや函館市クレドホテルの作業の取組などが紹介され、北海道が進めている農福連携道南モデルの取組を一丸となって推進し、課題をひとつ一つ解決していくことが重要との提案がありました。
   また、本セミナー開催と合わせ檜山振興局1階ロビーでは「ひやまshowがいウイーク2020」も開催されており、多くの方がパネル展示とマルシェを楽しんでいました。

セミナー内容(敬称略)
「月形町でのサトニクラスの取組」農福連携現場における実態と課題
   講師:特定非営利活動法人   サトニクラス   代表理事   楠   順一
「JA新はこだて七飯花卉共選場におけるカーネーションの選別」
   発表者:クレドホテル函館   管理者   窪岡   りさ
「北海道の農業人材確保の取組等について」及び恵庭市農福連携成功事例紹介
   発表者:北海道農政部農業経営局農業経営課   主幹   齋藤   暢浩
「檜山振興局   農福連携の取組について」
   発表者:檜山振興局産業振興部農務課   主査   三上   幸規


撮影データ

◯撮影年月日:令和2年11月5日(木曜日)
◯撮影場所:江差町


開会挨拶の様子
開会挨拶 檜山振興局産業振興部長
サトノクラス代表の講演の様子
サトニクラス 楠代表の講演
クレドホテル函館の発表の様子
クレドホテル函館 窪岡氏の取組発表
北海道農政部の発表の様子
北海道農政部からの取組発表と事例紹介
檜山振興局の発表の様子
檜山振興局からの取組発表
会場の様子
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を講じた会場の様子
マルシェの様子
Showがいウィーク2020マルシェ
パネル展の様子
Showがいウィーク2020パネル展


お問合せ先

函館地域拠点地方参事官室

TEL:0138-26-7800
FAX:0138-26-7744