このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

令和2年度高付加価値化研修会「HACCP制度化対応セミナー」が開催されました。

  令和3年1月19日、21日、22日の3日間、令和2年度高付加価値化研修会「HACCP制度化対応セミナー」が開催されました(主催:網走農業改良普及センター、オホーツク総合振興局、共催:北海道農政事務所北見地域拠点、公益財団法人オホーツク財団)。北見保健所の技術主幹 荻原弥生氏を講師に迎え、食品衛生法の改正に伴い、小規模事業者の皆さんが取り組む必要のある「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」についての解説および令和3年6月から施行される「営業許可制度の見直し」「営業届出制度の創設」についての紹介がありました。北見会場(午前の部、午後の部)、清里会場、紋別会場の3会場で計4回開催され、合計70名の農業者・食品事業者等が参加されました。当日の質疑応答の時間には、参加者から実際に取り組む際の留意点など具体的な質問が寄せられ、講師の荻原主幹から詳しい説明がありました。
  当地域拠点からは、令和3年度予算「食品産業の輸出向けHACCP等対応施設の整備」について情報提供を行いました。


撮影データ

◯撮影年月日:令和3年1月19日(火曜日)、21日(木曜日)、22日(金曜日)
◯撮影場所:北見市、清里町、紋別市


01_kitami_kaijo.JPG
会場の様子(北見)

02_kiyosato_kaijoo.jpg
会場の様子(清里)

03_monbetu_kaijo.JPG
会場の様子(紋別)

04_syotyo.JPG
開会挨拶を行う網走農業改良普及センター 石川所長

05_kousi.JPG
講演を行う北見保健所 荻原主幹

06_paneru.JPG
(公財)オホーツク財団の展示パネル



お問合せ先

北見地域拠点地方参事官室

TEL:0157-23-4171
FAX:0157-23-5358