このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

株式会社未来ファームでワインのお披露目会が開催されました。

株式会社未来ファームは、北見市端野町で肉用牛の繁殖・肥育一貫経営を行っています。自社が生産するブランド牛「北見和牛」と共に味わってもらえるワインを造りたいとの思いで、平成27年からぶどうの栽培を開始し、平成30年11月に「オホーツク北見における自社生産ぶどうを用いたワイン製造・販売事業」で、農林水産省六次産業化・地産地消法における総合化事業計画の認定を受けました。

令和元年9月にオホーツク初となるワイナリー「Infeeld winery(インフィールドワイナリー)」が完成し、同年10月には初仕込みが行われるなど順調に事業を進め、令和2年9月、念願の自社醸造ワインの初販売に合わせて、ワイナリー事業の関係者を参集してお披露目会が開催されました。会は「一夜限りのレストラン」と題し、自社の北見和牛を使用した料理とワインの提供が行われました。

当面は、期間を限定してワイナリーでの直売を行い、将来的にはワイナリー内での農家レストランの営業を目指して、「100%北見産」の肉用牛とワインの生産に取り組むと、中野社長が語ってくださいました。


撮影データ

◯撮影年月日:令和2年9月28日(月曜日)
◯撮影場所:北見市端野町(Infeeld winery)


IMG_4307.JPG
挨拶を行う、株式会社未来ファーム中野社長

IMG_4320.JPG
会場の様子

IMG_4322.JPG
ワインの陳列

IMG_4333.JPG
9月に初販売したワイン

IMG_4334.JPG
ワイナリーからの眺望



お問合せ先

北見地域拠点地方参事官室

TEL:0157-23-4171
FAX:0157-23-5358