このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

取組事例

このページでは、釧路地域拠点が収集した取組事例(優良事例)を掲載しています。

また、これ以外にも、より多くの取組事例をホームページ中の「優良事例ポータルサイト」、「逆引き事典2」に掲載しておりますので、ぜひ御利用ください。
なお、掲載情報は編集時点のものであり、最新のものとは限りませんので、ご留意ください。

過去に掲載した取組事例はこちら

<鳥獣被害防止対策・食育>

駆除されたエゾシカの「いのち」を有効活用したい!Trap Girl Project ~いのちを繋ぐ罠ガールへの道のり~(PDF : 398KB) 

  • 北海道標茶高等学校 食品ゼミ鹿班(標茶町)
  • ※報道機関取材要相談  

授業で鳥獣害の現状を学び、駆除後のエゾシカの処理や活用が課題になっていることを知り、「駆除されたエゾシカのいのちを有効活用したい」と考え、学校農場に被害を及ぼしているエゾシカを自分達で捕獲し、1頭全てを利用することを目標にプロジェクト活動を実施。

 

<畜産振興>

酪農経営体では「全国初」となるグローバルGAPの認証取得!さらにはJGAP認証も取得した2つの牧場をご紹介!!(PDF : 217KB) 

  • アットファーム株式会社、卯野牧場 (別海町)
  • ※報道機関取材要相談  

次世代に残せる酪農経営を目指したい、また、生産した生乳の付加価値を高め消費者に安全安心を届けたいとの思いから、一般酪農家としては全国初となるグローバルGAP認証を取得。
さらに2019年4月にはJGAP認証も取得。

 

<酪農・地域振興>

酪農地域の多様な魅力を発信!新たなビジネスモデルを展開~中標津町に人を呼び込んで元気にしたい~(PDF : 136KB)

  • 有限会社竹下牧場 (中標津町)
  • ※報道機関取材要相談  

「生まれ育った町を元気にするために何かできないか」との思いから、平成29年10月に観光の取組では道内初となる農商工等連携事業計画の認定を受け、ゲストハウス「ushiyado」の運営や、牧場体験等のアクティビティ等のプロジェクトを展開中。

 有限会社竹下牧場 (中標津町)

<畜産振興>

世界自然遺産「知床」で酪農を楽しむ!放牧中心の経営で家族との時間を大切に(PDF : 376KB)

  • 稗田(ひえだ)徹也 (羅臼町)
  • ※報道機関取材要相談  

東京でサラリーマン生活を送っていた若者が、長男の誕生をきっかけに「より良い育児環境」を求めて酪農への新規就農を決意。
現在は、放牧中心のゆとりのある酪農を家族とともに大自然の恵みの中で楽しみながら実践中。

稗田 徹也 

<畜産振興>

経営をシミュレーションできる放牧型酪農の実践研修施設が始動(PDF : 331KB)

  • (株)TACSしべちゃ放牧型附属牧場「Grazing TACS」(標茶町)
  •   ※報道機関取材要相談  

新規就農希望者(研修生)が、自らの判断による営農計画を立て、牧草の収穫・放牧などの作業から税務申告まで、就農に向けた一連の実践的な経営をシミュレーションできる実践研修施設「Grazing TACS」が稼働。

グレイジングタックス 

<畜産振興>

女性のニーズをくみ上げ、哺育・育成牛預託施設を設立(PDF : 194KB)

  • 株式会社グリーンランド標津(標津町)  ※報道機関取材可  

女性組合員の「哺育・育成牛預託事業の拡充」の声を受け、生後3日目から預け入れ出来る哺育・育成牛預託施設を設立。利用農家は、労働時間が約3割軽減され、余力により搾乳牛増頭が図られ生乳生産が拡大。

株式会社グリーンランド標津の外観 
株式会社グリーンランド標津

<畜産振興>

搾乳ロボットと放牧により、省力化・コスト削減を実現(PDF : 147KB) 

  • 村越牧場(浜中町)  ※報道機関取材要相談  

搾乳ロボットの導入、放牧等により生産コスト削減に取り組み、省力化が図られたことにより牛の行動をきめ細かく管理。
計画的な採草・放牧により、粗飼料自給率100%を実現し、平成28年度第3回全国自給飼料生産コンクール農林水産大臣賞受賞(飼料生産部門酪農経営)。

村越牧場


村越牧場 

<地産地消>

地元酪農家の牛乳を町民の手に!JAが地域牛乳ブランドの製造拠点を担う(PDF : 338KB)

 JA中標津乳製品工場(中標津町)  ※報道機関取材可能 

近隣のJAから、飲用乳(学校給食用含む)の製造を受託し、大手乳業メーカーでは出来ない地域牛乳を提供。

飲料乳「なかしべつ牛乳」
飲料乳「なかしべつ牛乳」

<畜産振興・労働力の省力化>

牛・人・環境に優しいECO酪農でコスト削減・収益アップ!(PDF : 163KB)

 長坂牧場(標茶町)  ※報道機関取材要相談  

昼夜集約放牧、地中熱交換システム導入等により生産コスト削減に取り組み。
平成27年度第2回全国自給飼料生産コンクール農林水産大臣賞受賞(放牧部門・酪農部門)

 

 長坂牧場の風景

「長坂牧場」社屋

<女性の活躍>

酪農の魅力をFacebookで発信 女子の力で酪農をもっと楽しく、もっと元気な町へ!(PDF : 359KB)

 Stron♡gyu(別海町)  

「もっと若い人が出入りする楽しい町にしたい」「女性目線で酪農を楽しみ、頑張る女性酪農家を支援したい」との思いから、別海町酪農女子同盟「Stron♡gyu(ストロンギュウ)」を発足。強い(strong)と、牛(gyu)をハートで結び、しなやかでたくましい酪農女子をイメージし命名。

 

Stron♡gyuのロゴマーク

Stron♡gyuのロゴマーク

<畜産振興・担い手対策>

協業法人化により地域酪農の継承・発展を目指す(PDF : 137KB)

 株式会社虹の郷(標茶町)  

乳質改善、繁殖管理等各構成員の得意分野を活かした役割分担により、作業の効率化を図り、労働負担を軽減。離農農家の農地を引き受け、地区の飼料生産基盤を強化。

「虹の郷」社屋

「虹の郷」社屋

お問合せ先

釧路地域拠点地方参事官室
TEL:0154-23-4401
FAX:0154-23-4404

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader