このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

北海道農政事務所メールマガジン「ホカグリ通信」第57号

ホカグリ情報局

(1)令和3年度の農林水産予算概算決定の概要、農林水産省の組織・定員、税制改正の大綱における農林水産関係事項について取りまとめました。

農林水産省は、12月21日に、令和3年度農林水産予算概算決定の概要、令和3年度農林水産省の組織・定員及び令和3年度税制改正の大綱における農林水産関係事項を公表しました。

・令和3年度農林水産予算概算決定について

・令和3年度組織・定員について

・令和2年度第3次農林水産関係補正予算の概要


(2)新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者への支援策を取りまとめたWebサイトを改訂しました。

12月15日、令和2年度第3次補正予算案が閣議決定されたことに伴い、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農林漁業者・食品関連事業者の方々への支援策を取りまとめたWebサイトを改訂しました。
なお、令和2年度第3次補正予算の成立を前提としているものは、事業内容が今後変更されることがあります。

・令和2年度農林水産関係補正予算の概要

・令和2年度第2次農林水産関係補正予算の概要

・令和3年度税制改正の大綱における農林水産関係事項について

・事業目的別、事業者別等により分類整理した支援策(当初予算、補正予算(第1次、第2次、第3次)を網羅しています)


(3)農林水産業・地域の活力創造プランが改訂されました。

農林水産業・地域が将来にわたって国の活力の源となり、持続的に発展するための方策を幅広く検討を進めるために、平成25年5月21日、内閣に総理を本部長、内閣官房長官、農林水産大臣を副本部長とし、関係閣僚が参加する農林水産業・地域の活力創造本部を設置しました。
12月15日、「農林水産業・地域の活力創造本部」において、新たな輸出目標の実現に向けた当面の戦略に関する検討の結果等を追加し、「農林水産業・地域の活力創造プラン」が改訂されました。

なお、農林水産業・地域の活力創造本部における配布資料はこちら(外部リンク)をご覧ください。



(4)暴風雪や大雪に備えるための予防減災情報

本格的な降積雪期を迎え、暴風雪や大雪による農林水産業の被害を最小限に抑えるために、適切な備えを行うことが重要です。
そこで、農林漁業者の皆さまが、暴風雪や大雪に備えるためのポイントを分野別に、簡潔な文章でまとめています。

(5)新型コロナの感染リスクを下げるために全ての場面で引き続き守ってほしいこと

・マスク着用や三密(密閉・密集・密接)の回避を徹底しましょう
・換気を良くしましょう(室内の場合)
・集まりは、少人数・短時間を心掛けましょう
・大声をださず会話はできるだけ静かにしましょう
・共用施設の清掃・消毒、手洗い・アルコール消毒を徹底しましょう

・「感染リスクが高まる「5つの場面」」(外部リンク)
・新型コロナウイルスについて
・「5つの場面」に注意しましょう


 

  編集後記

 本日12月21日は冬至です。札幌も最近寒くなって雪が積もり、冬が始まったばかりと思っていたので、これから段々日が長くなると思うと嬉しいです。かぼちゃを食べたりゆず湯に入ったりしたいですね!

             (担当:佐賀井)

======================================================================

次回は12月下旬に配信を予定しています。

バックナンバーはこちら

北海道農政事務所メールマガジン「ホカグリ通信」では、購読者を募集しています。ぜひお知り合いにもご紹介ください。

メールマガジンの購読をご希望の方はこちら
======================================================================


編集・発行:農林水産省北海道農政事務所 企画調整室

  このメールマガジンに掲載された記事の無断転載を禁じます。
  本メールマガジンに関するご意見・ご感想をお寄せください。
  TEL:011-330-8801 FAX:011-552-0530
  E-mail:hokaguri_tsushin000@maff.go.jp

  


 

お問合せ先

企画調整室


ダイヤルイン:011-330-8801
FAX番号:011-552-0530