このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

飼料用とうもろこし(デントコーン)の収穫作業

士幌町で、デントコーン(注)の収穫が行われています。
収穫作業はコントラクターが請け負い、大型自走式ハーベスターがデントコーンを刈り取るのと同時に細断し、併走するダンプカーに積み込みバンカーサイロに運搬します。バンカーサイロでは搬入したデントコーンをホイールローダで踏圧し、乳酸発酵させるために農家がビニールシートを被せ、被覆状態を保つためのタイヤ等をビニールシートの上に並べます。
乳酸菌は空気のない条件で活性化することから、密度を高めるための踏圧作業が重要になり、細断したデントコーンにビニールシートを被せる際も、空気が入り込まないように素早く行います。

こちらの牧場では、16ヘクタールのほ場を2日に分けて収穫しました。デントコーンをサイレージとして乳牛に給与するのは12月頃からを予定しています。

(注)飼料用とうもろこしは通称「デントコーン」といい、葉茎・子実全てを細断し、数カ月間かけて乳酸発酵をすすめることで乳牛に給与する飼料(サイレージ)になります。


撮影データ

◯撮影年月日:平成30年9月16日(日曜日)、平成30年9月26日(水曜日)
◯撮影場所:士幌町


刈取作業
大型自走式ハーベスターで刈取り
勢いよくトラックに積載
gif刈取作業1
息の合った連携で併走するトラックへ積載
ホイールローダ
ホイールローダで詰め込んでいきます
踏圧作業
バンカーサイロ全体をしっかり
踏圧することで品質を高めます
細断長の確認
乳酸発酵が順調に進むよう細断長を
確認する農家。ミリ単位で調整します
収穫したデントコーン
細断されたデントコーン
ビニール張り
空気が入らないように素早く
丁寧にビニールを被せていきます
タイヤ載せ

最後に重石、密封のためのタイヤを並べます






















































お問合せ先

帯広地域拠点地方参事官室

TEL:0155-24-2401(代表)
FAX:0155-28-2428