このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

芽室町産の落花生が食卓にあがるまで(その1)

  芽室町内で、落花生の産地化を目指す「十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合」の生産者が落花生「品種名:郷の香(さとのか)」を収穫しています。畑から掘り出された落花生は、殻付きのままレトルト商品に加工されるほか、パンや豆菓子等の原料に使用されています。今年度、同組合が新たに収穫用ハーベスター2台を導入したことで、これまで手作業で行っていた落花生の収穫作業を効率よく行えるようになりました。
  同組合の藤井代表は、「芽室町産の落花生は、寒暖差がはっきりした十勝地域の気候のもとで甘みが強い落花生に生育します。先代から受け継いだ肥沃な畑で、今年もおいしく仕上がったので、手にとって食べてみてほしい。」と話しました。


撮影データ

◯撮影年月日:令和2年10月6日(火曜日)
◯撮影場所:芽室町上伏古地区


落花生収穫の様子落花生の収穫用ハーベスターを2台導入。

落花生収穫の様子落花生の株を次々と掘り出す様子。

落花生収穫の様子搬出用の鉄コンテナに落花生を移し替えます。

収穫直後の落花生掘り出されたばかりの土付き落花生。

十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合藤井代表十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合の藤井代表



お問合せ先

帯広地域拠点地方参事官室

TEL:0155-24-2401(代表)
FAX:0155-28-2428