このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

移動消費者の部屋「病気から動植物を守る」の開設について

  • 印刷
令和2年2月14日
北海道農政事務所

  近年、多くの国で口蹄疫やASF(アフリカ豚熱)、CSF(豚熱)などの家畜の悪性伝染病が発生しています。
  また、海外から違法に持ち込まれた肉製品や植物に対する検査対応が厳格化されるなど、国内の農畜産物を守るための対策は、より厳しくなっています。
  こうした状況を踏まえ、北海道農政事務所では、農林水産業へ重大なダメージを与える家畜の伝染病や植物の病害虫が国内へ侵入することを防ぐ動植物検疫の仕事について、一般消費者に広く関心と理解を深めていただくことを目的として、以下のとおり移動消費者の部屋「病気から動植物を守る」を開設します。
  諸般の事情により中止となりました。(令和2年2月25日追記)

1.日時及び場所等

  • 日時:令和2年2月27日(木曜日) 11時00分~16時00分
  • 場所:札幌駅前通地下広場 「チ・カ・ホ」  (北1条イベントスペース東)7番、9番出入口間
  • 所在地:札幌市中央区北1条西3丁目から4丁目までの地下歩行空間
  • 参加費:無料
  • その他:会場に駐車場はありません。お車でお越しの方は近隣の駐車場等をご利用ください。

2.内容

  • ・家畜の病気の原因となるウイルスや植物の病害虫などの侵入を空港や港で防ぐ動植物検疫に関するパネルを展示します。
  • ・動植物検疫のお知らせやペットフードの安全確保、牛や牛肉の生産、流通を個体識別番号により管理するトレーサビリティ制度などに関するパンフレットを配布します。

留意事項

取材を希望される報道関係者の方は、北海道農政事務所と札幌駅前通まちづくり(株)(TEL:011-211-6406)へ事前に御連絡願います。
また、当日の取材に関しては、現場責任者(北海道農政事務所担当者)の指示に従ってください。

お問合せ先

消費・安全部 消費生活課

担当者:小本・門木(かどき)
ダイヤルイン:011-330-8113
FAX番号:011-520-3056

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader