このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定証授与式(旭川地域)の開催について

  • 印刷
平成31年4月17日
北海道農政事務所旭川地域拠点
平成31年3月29日、北海道農政事務所は、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(六次産業化・地産地消法)」の規定に基づき、申請された「総合化事業計画」について2件を認定しました。
この度、旭川地域拠点管内認定事業者への認定証の授与式を下記のとおり開催します。

1.日時

     平成31年4月23日(火曜日)10時30分~11時00分

2.場所

    旭川地方合同庁舎  西館1階  共用第1会議室
     (旭川市宮前1条3丁目3番15号)

3.内容

「六次産業化・地産地消法」に基づく総合化事業計画の農林水産大臣認定証の授与

事業名及び事業概要 事業者名 
 農林漁業者 促進事業者 


 <事業名>
   点滴型水耕栽培によるミニトマト生産・販売及びジュース製造・販売事業

<事業概要>
   町の産業の維持・発展を図るため、ミニトマトの青果販売及びトマトジュースの開発・製造(委託)・販売を行う。
   点滴型水耕栽培により、糖度や含有成分に特徴を持たせたミニトマトを生産し、この特性を活かしたジュースを製造。
   生産方法を商品の特徴として打ち出し、高所得者層をターゲットとした販路を開拓。農業所得の向上を図るとともに地域の産業振興に繋げて行く。

北海道アグリルネサンス株式会社
(樺戸郡浦臼町)

(法人番号3430001077058)

 -


 <事業名>

   自社牧場の生乳を使用し美瑛の風土を活かしたフランスの製法によるチーズの製造・販売事業

<事業概要>
   自社の生乳を中心とした美瑛町産の生乳を使用し、美瑛の風土を活かした本場フランス・コンテ地方の製法によるチーズを開発・販売する。
   チーズの開発は、フランスでチーズの製造技術を学んだ従業員が行うとともに、主力商品のハードタイプチーズはグループ会社の飲食店で直接消費者に提供することで、バリューチェーンを形成し、農業所得の向上を図る。

株式会社美瑛ファーム
(上川郡美瑛町)

(法人番号1450001006743)

 -

4.報道関係者の皆様へ

   授与式の取材を希望される方は、事前に「問合せ先」までご連絡ください。

お問合せ先

北海道農政事務所旭川地域拠点

担当者:豊田、葛西
TEL:0166-30-9300
FAX:0166-30-9305

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader