このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

「北海道における畜産GAP推進セッション」の開催について

  • 印刷
令和元年7月3日
北海道農政事務所
農林水産省北海道農政事務所は、令和元年8月7日に、北海道における畜産GAPの普及・推進のための検討会を開催します。

1.開催日時及び場所等

日時:令和元年8月7日(水曜日)13時00分~17時00分(受付開始:12時30分~)
場所:「TKPガーデンシティPREMIUM札幌大通ホール6D」
        北海道札幌市中央区南1条西1丁目8番地2 高桑ビル6階
定員:120名
*参加費は無料です。
*会場に駐車場はありません。

2.検討会内容

(1)情報提供(基調講演)
〇「JGAP【家畜・畜産物】の現状と今後の課題」
    JGAP【家畜・畜産物】審査員、指導員研修講師  白戸綾子氏

(2)事例紹介
    ア   酪農におけるJGAP認証
          株式会社学林ファーム取締役  駒井貞二氏
    イ   農業高校におけるGAP認証
          北海道中標津農業高等学校教諭  加瀬利憲氏
    ウ   スマート農業とJGAP認証

          北海道農業研究センター酪農研究領域長  大下友子氏
    エ   養豚におけるJGAP団体認証   

          株式会社フリーデン  係長  青柳健太氏

(3)JGAP取得のための課題と対応(事例に基づくディスカッション)

(4)話題提供
〇「JGAP認証取得のための支援(クラウド型サービス)」
    NECソリューションイノベータ株式会社イノベーション戦略本部
    スマートアグリ事業推進室プロフェッショナル
    中橋賢一氏(農場HACCP指導員/ GAP指導員)

3.参集範囲

生産者、JGAP指導者、農業者団体、地方公共団体、関係支援機関、学生、その他GAPに関心のある方、報道関係者

4.申込方法等

(1)【FAXによる申込方法】
添付資料にある「参加申込書」に必要事項を記入の上、下記の宛先にFAXでお申し込みください
(電話でのお申込みはお受けしていません)。

北海道農政事務所生産経営産業部生産支援課宛  FAX:011-330-8609

(2)【インターネットによる申込方法】
下記URLの画面に必要事項を記入の上、送信ボタンを押してください。
参加申込フォーム:https://www.contactus.maff.go.jp/j/hokkaido/form/190703.html

(3)申込締切日

令和元年7月31日(水曜日)17時00分必着

5.報道関係者の皆様へ

(1) カメラ撮影は、冒頭のみ可能です。ただし、取材に当たっては、北海道農政事務所担当者の指示に従ってください。
(2) 取材を希望される場合は、添付の「参加申込書」の余白に「報道関係者」であることがわかるよう御記入の上、FAXによりお申込みください。

添付資料

参加申込書(エクセル)(EXCEL : 11KB)

参加申込書(PDF)(PDF : 70KB)

お問合せ先

生産経営産業部生産支援課

担当者:白土、真坂
TEL番号:011-330-8807
FAX番号:011-330-8609

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader