このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

更新日:平成23年10月7日

4.環境配慮計画の実地状況(2)後谷ダム 1

(2)後谷ダム 1

後谷ダムについては、本事業の実施により影響を与える環境要素7項目(水質汚濁、騒音、振動、地形・地質、植物、動物、景観)について環境影響調査を行い、その結果、各環境要素とも本事業が及ぼす影響は軽微であると評価された。

また、後谷ダム集水域においては、RDB(レツトデータブツク)等に位置付けられている、12種の貴重植物、23種の貴重動物が確認されたが、移植地及び保全エリア設置及び移植作業等により、その影響は軽微であると評価されている。

なお、事業の実施に伴い、以下に示す移植地及び保全エリアの整備を実施した。

 環境配慮計画の実施状況2

 

戻る 前へ 次へ

お問合せ先

農村振興部水利整備課

ダイヤルイン:076-232-4724
FAX:076-234-8051

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader