このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

せきかわ活動日誌「冬の笹ヶ峰ダムを点検しました!」

冬の笹ヶ峰ダムを点検しました!

明けましておめでとうございます。
新年早々笹ヶ峰ダムの点検に行って来ましたので、その様子をご紹介します。

笹ヶ峰ダムは標高約1200mの高地にあり、11月20日~3月31日の冬期間は豪雪のために無人となることから、ふもとの中央管理所から遠隔で管理しています。この間、施設管理者である新潟県と関川地区土地改良区連合の皆さんは、月に1度程度ダムへ点検に行っています。今回は事業所もその点検に合わせ、春~秋にかけて施工した箇所の状況確認のため同行しました。

ダムへは雪上車を使って登っていきます。
雪上車は1台に10人ほど乗れ、車内はとても暖かいですが、例年雪の深い場所では全員で雪かきをして進路を確保しなければなりません。今回は幸い、雪の深い場所はありませんでした。

雪上車で登っている様子

雪上車で登っている様子


ダムに到着すると、辺り一面真っ白です!
昨年1月の積雪は150cmほどありましたが、今年は暖冬のためか70cm程度でした。

ダム管理所の前の様子

ダム管理所前の様子

ダム湖(乙見湖)の様子

ダム湖(乙見湖)の様子


さてさて、本来の目的である本年度工事を行った場所の確認に向かいます。
今回は、トンネルの補修箇所についてご紹介します。

施工前後のトンネルの様子

施工前後のトンネルの様子


なんということでしょう!
施工前の昨年は壁からしみ出した水が氷の柱となっていた箇所が、今年は補修して導水樋を設置したことで、氷柱が無くなっています。漏水が床に広がって凍っていた箇所についても、見事に解消されていました。
導水樋の水が凍結して氷柱となり壊れていないか心配でしたが、周りに断熱材を施したことで、凍結することなく排水することができており、ほっと一安心しました。
以上、冬の笹ヶ峰ダムの紹介でした。

今年は積雪が少ないようですが、これらの積雪は春先に雪融け水となりダムに貯水されるため、暖冬による水不足も心配されます。

なお、新潟県と関川地区土地改良区連合の皆さんが行った点検の様子は、下記のリンクから閲覧できます。

また、冬のダムの様子については、関川地区土地改良区連合のWebサイト(ライブカメラ)で閲覧することができますので、興味のある方は是非ご覧になって下さい。

お問合せ先

関川用水農業水利事業所

〒943-0154 新潟県上越市稲田1-1-7
電話:025-521-6040(代表)
FAX:025-523-8822

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader