このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

「あぐり北陸」No.391(令和元年8月20日配信号) 

更新日:令和元年8月22日


北陸農政局発行メールマガジン「あぐり北陸」配信号です。参考にご覧下さい。

今回のもくじ

北陸ほっとニュース(新着情報)

北陸農政局消費者の部屋「冷凍食品講演会」の開催及び参加者の募集について ほか

メッセージ

北陸農政局 地方参事官(富山県担当)嶋崎 泰一(しまさき たいいち)
~富山の地域農業の発展のために~

北陸のGI登録産品

谷田部ねぎ
【生産地:福井県小浜市谷田部】

農林水産省広報誌「aff(あふ)2019年8月号」

特集1 漁師になる ほか

お知らせ(農林水産省等からの情報)

平成30年度食料自給率・食料自給力指標について ほか

豚コレラに関する情報

北陸農政局管内で感染が確認された豚コレラへの対応について

豚コレラについて(消費者の皆様へ)(PDF : 223KB)

豚コレラに関するお問合せはこちらから

北陸ほっとニュース(新着情報)

イベント

北陸農政局消費者の部屋「冷凍食品講演会」の開催及び参加者の募集について

【日時】令和元年9月10日(火曜日)13時30分~15時00分
【場所】金沢広坂合同庁舎 1階 消費者の部屋(金沢市広坂2丁目2番60号)
【申込締切】令和元年9月3日(火曜日)必着

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

北陸各県で行われる各月の食育イベントを紹介しています。

展示コーナー

北陸農政局「消費者の部屋」を開設しています。

消費者の皆様に農林水産行政、食生活等について知っていただくため、幅広いテーマを決めてパネルや関係資料等の展示を行っています。
どなたでも無料で入室できますので、お気軽にお立ち寄りください。

 〇7月29日~8月30日までの展示【北陸の”牛乳・乳製品”と”園芸作物”の美味しい関係!】

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

食の安全

ほくりく食育ひろば 【「食育ネットほくりく」コーナー(会員からのお知らせ)(食育ネットほくりくメールマガジン 第157号)】を更新しました。

ほくりく食育ひろば 【食育コラム】を更新しました。

農村振興

土地改良技術事務所【災害応急用ポンプの貸付状況】

新潟県拠点

「新潟県農福連携推進連絡会議」の開催について

発注・入札

入札公告(物品・役務など)

令和元年度 発注予定情報の公表

物品・役務等に係る契約の発注見通し

メッセージ

~富山の地域農業の発展のために~
北陸農政局 地方参事官(富山県担当)嶋崎 泰一(しまさき たいいち)

本年4月に富山県担当として赴任して、改めて立山連峰の壮大さに感心し、毎日のように仰ぎ見ておりました。その姿も最近は雲に隠れてあまり見られないのが残念ですが。
昨年は本局に在籍し、入善町内での米の輸出をテーマにした意見交換に関わる機会がありました。輸出用米の拡大はもちろんですが、農業者の方々が地域農業全体の発展を考えて取り組んでおられたことが深く印象に残っております。
この4ヶ月余、各地域で意見交換を行っていますが、輸出用米をはじめ、たまねぎ、ハトムギ、枝豆、ねぎ、酒米、インショップの取組など、それぞれの地域が水田を活用して、特色を持った取組をされておられます。
富山県拠点としても、関係者の方々とともに、こうした地域の取組への支援をさせていただき、富山の農業の発展に貢献できればと考えております。

北陸のGI登録産品

~北陸地域(新潟、富山、石川、福井)において地理的表示(GI)保護制度に登録されている産品をご紹介します。~

谷田部ねぎ
【生産地:福井県小浜市谷田部】

「谷田部ねぎ」は、2度植え替えし、斜めに植え替えることで、軟白部が釣り針状に曲がるとともに、肉質が柔らかく、独特の粘りと甘みがあります。
葉も食するタイプのねぎで、軟白部は12~15cmと短く、葉の色は淡く柔らかいです。

 ◎産品紹介は、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)
 ◎登録内容は、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

地理的表示(GI)保護制度とは

地域には長年培われた特別の生産方法や気候・風土・土壌などの生産地の特性により、高い品質と評価を獲得するに至った産品が多く存在します。
これら産品のうち、品質、社会的評価その他の確立した特性が産地と結び付いている産品について、その名称を知的財産として保護する制度が「地理的表示保護制度」です。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

農林水産省広報誌「aff(あふ)2019年8月号」

農林水産省の広報誌「aff(あふ)」は、スマートフォンなどでより読みやすくなるようにデザインを全面リニューアルしました。ぜひ、ご覧ください。

連載 私を支えた「食」

  • 為末大さん(陸上元日本代表)

特集1  漁師になる

特集2  海釣りを楽しむ

連載 ギネス世界記録 挑戦者たち vol.3

  • 世界一大きなトマトの木

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

お知らせ(農林水産省等からの情報)

平成30年度食料自給率・食料自給力指標について

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

平成30年度第5回有機JAS・GAP認証取得等支援事業の公募について

輸出を目指す農業者等に対し、有機JAS認証及びGAP認証等の支援を行う事業の公募(公募期間:令和元年9月24日(火曜日)まで)が開始されています。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。((一社)全国農業改良普及支援協会へリンク)

平成30年度第5回GAP認証審査員育成支援事業の公募について

GAP認証の審査を行う者(GAP認証審査員)の確保に向け、GAP認証審査員に必要な研修の受講等の支援を行う事業の公募(公募期間:令和元年9月24日(火曜日)まで)が開始されています。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。((一社)全国農業改良普及支援協会へリンク)

「第4回ジビエ料理コンテスト」の募集について

農林水産省は、ジビエの普及啓発や調査実証等に取り組む「鳥獣利活用推進支援事業」の一環として、「第4回ジビエ料理コンテスト」のレシピを募集します。
【応募締切:8月31日(土曜日)】

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

棚田めぐりしませんか?~棚田カード第1弾 発表~

農林水産省では、棚田地域を盛り上げ、棚田の保全に繋げる第一歩として、都道府県の担当者に呼びかけ棚田カードプロジェクトチームを立ち上げました。
棚田を知らない方や馴染みのない方が棚田を訪れるきっかけになることを願い、プロジェクトチームにおいて棚田カードを作成しました。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

「原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」(富山会場及び福井会場)の開催について

農林水産省では、食品事業者向けに原料原産地表示制度に関する事業者向けマニュアルの内容を解説するセミナーを全国20会場で開催します。
北陸管内では、令和元年9月26日(木曜日)に富山市及び同年10月15日(火曜日)に福井市で開催されます。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

「あふてらす 農林漁業はじめるサイト」を開設しました

農林水産省は、農業・林業・漁業、その加工・販売に興味がある方や、これから始めたい方向けの情報を発信するポータルサイト「あふてらす 農林漁業はじめるサイト」を開設しました。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

「紹介します!わが家の食品備蓄2019」投稿キャンペーンについて

農林水産省は、災害時に備えた食品の家庭備蓄の普及を進めており、Facebook又はTwitterにて、家庭備蓄の取組が分かる写真を募集しています。
【募集期間:9月6日(金曜日)まで】

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

「第4回 食育活動表彰」募集開始について

農林水産省は、食育を推進する優れた取組を募集し、さらに食育を広げていくために「食育活動表彰」を実施しています。
【募集期間:10月31日(木曜日)まで】

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

「令和元年度未来につながる持続可能な農業推進コンクール」表彰候補者の募集について

農林水産省は、持続可能な農業の確立を目指し意欲的に経営や技術の改善等に取り組んでいる農業者等を表彰するコンクールを実施します。GAPの実践や有機農業・環境保全型農業に取り組んでいる候補者を募集します。
【応募期間:令和元年9月2日(月曜日)まで】

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

「農の雇用事業」第3回目の募集を開始します(令和元年11月研修開始分)

農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施しています。
令和元年11月からの研修を対象として事業参加者を募集しています。
【募集期間:8月30日(金曜日)まで】

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

令和元年度6次産業化優良事例表彰、募集開始!

6次産業化に取り組み、地域を活性化している事例を表彰する「6次産業化アワード」の募集が始まりました!
自薦・他薦は問わず応募することができます。
募集締切は8月23日(金曜日)です。今年もふるってご応募ください!!

【募集期間】
令和元年6月24日(月曜日)から8月23日(金曜日)まで
【募集対象】
6次産業化や農商工連携に主体的に取り組んでいる農林漁業者又はその組織する団体。
【募集方法】
応募条件・方法等の詳細は下記のURLをご覧ください。(外部リンク)
https://www.e-toroku.jp/6jika_gpa_r01/

 ◎昨年度までの受賞実績は、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renkei/6jika/good_practice_awards.html

【お問合せ先】
6次産業化推進協議会 事務局 TEL:03-3281-0780
食料産業局 産業連携課 TEL:03-3502-8246

「第4回 全国子ども和食王選手権」の開催及び参加者の募集について

農林水産省は、「第4回全国子ども和食王選手権」の開催に当たり、全国の小学校の児童と未就学児(和食フォト部門のみ)を対象として、参加者を募集しています。
【募集期間:令和元年9月13日(金曜日)まで】

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

農林水産関係予算の概要について(農林水産省へリンク)

米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」の公開について

日本人の主食であり、日々の食生活に欠かせないごはん食について、消費者にとって有益な情報を広く紹介します。

 ◎米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」は、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

家畜衛生及び家畜の感染症について(農林水産省へリンク)

米関連データ(農林水産省へリンク)
1.米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等
2.米に関するマンスリーレポート

生産資材コストの低減を検討の皆様へ【農業資材比較サービス(AGMIRU)】

平成29年6月から農業者が農業資材の価格やサービス等を比較し選択できるサービスが開始されています。

 ◎詳しくは、以下のURLをご覧ください。
https://agmiru.com/
 ※AGMIRUは農林水産省の補助事業により、ソフトバンクテクノロジー(株)が運営する無料のサービスです。 

施設園芸農業者の皆様へ

近年、台風や大雪などの自然災害が多発しています。
昨年は記録的な大雪により被害を受けた農業者の方が多数に及びました。
このような自然災害に備えて、公的な保険制度である農業保険に加入しましょう。
農業保険では、掛け金の原則50%(収入保険積立金は75%)を国が負担します。

 ※農業保険の加入が災害対策の基本です。特別対策は、過去に例のないような甚大な気象災害が発生した場合に限られます。

  • 園芸施設共済(農業用ハウスを所有又は管理する農業者が対象です)
     ・自然災害等で農業用ハウスや附帯施設が損壊した場合に補償します。
     ・共済掛金は1.2%程度(パイプハウスの本体の全国平均)です。

  • 収入保険(青色申告をしている農業者が対象です)(平成31年1月からスタート)
     ・自然災害や価格低下などで、農産物の販売収入が減少した場合に補償します。
     ・保険料率は1.08%(50%の国庫補助後)です。

詳しい内容については、お近くの農業共済組合へお問い合わせください。

施策情報「農業経営支援策活用カタログ2019」

農業者の経営発展に役立つ主な支援を紹介しています。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

農林水産物・食品の輸出相談窓口(PDF:315KB) (農林水産省へリンク)

農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、皆様にお気軽に相談いただける「農林水産物・食品輸出相談窓口」を国内各地に設置しています。
諸外国の規制・制度・国の支援事業、輸出先国のマーケット情報、輸出手続き等、輸出に関するお問い合わせに、是非ご活用ください。

消費税軽減税率制度関係のお知らせ

令和元年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。
軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、以下のWebサイト等をご覧ください。

  • 軽減税率制度に関すること…国税庁Webサイト又は最寄りの税務署http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm

     ※消費税軽減税率電話相談センターのお問い合わせ(軽減コールセンター)
           (専用ダイヤル 0570-030-456)
     ※各都道府県の税務署で開催する説明会の日程をご覧いただけます。
           どなたでも参加できます。
     ※軽減税率制度に関する動画(Web-TAX-TV)をご覧いただけます。
  • 中小事業者等への支援…「軽減税率対策補助金事務局」
    http://kzt-hojo.jp/
    (専用ダイヤル 0570-081-222)
     ※軽減税率対策補助金の申請受付の期限が延長されました。

災害に関する情報(農林水産省へリンク)

山形県沖を震源とする地震に関する情報(農林水産省へリンク)

災害対応支援対策及び問合せ先(北陸農政局)を紹介しています。

東日本大震災に関する情報(農林水産省へリンク)

北陸農政局管内の発注・入札情報について

補助事業参加者の公募について

農林水産省では、いろいろな補助事業について参加者を募集しています。
 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

「食育ネットほくりく」メールマガジン

北陸農政局では、月に一度、食育に関する色々な情報を掲載したメールマガジン「食育ネットほくりく」を配信しています。当メールマガジンと併せてぜひご登録ください。
 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

編集局から

休日、採れたてのとうもろこしと梨を買いに出かけました。とうもろこしは直売所で味わうことができ、とても甘くてジューシーな焼きとうもろこしに感動しました。また、地元の梨農家で幸水を購入しましたが一袋に特大サイズの梨がたくさん入っていました。さらに小ぶりな梨をおまけとしていくつもいただきました。甘くてみずみずしい梨は蒸し暑い朝の朝食には最高です。次は地元のぶどう農家へ出かけてみたいと思っています。

北陸農政局では、当メールマガジン「あぐり北陸」のほか農政に対するご意見なども受け付けています。ぜひ、皆様のご意見をお聞かせください。

【ご意見】https://www.contactus.maff.go.jp/j/hokuriku/form/soudan_madoguti.html

【ご注意】メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
             PDFファイルをご覧いただくためには、以下のURLをクリックしてAdobe Readerをダウンロードしてください。
              http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

【配信変更及び配信解除】http://www.maff.go.jp/hokuriku/mm/index.html#haisin

お問合せ先

企画調整室

ダイヤルイン:076-232-4217
FAX:076-232-4218

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader