このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

「あぐり北陸」No.400(令和2年1月5日配信号)

更新日:令和2年1月6日


北陸農政局発行メールマガジン「あぐり北陸」配信号です。参考にご覧下さい。

今回のもくじ

北陸ほっとニュース(新着情報)

令和元年産水稲の市町村別収穫量(北陸) ほか

メッセージ

北陸農政局長  森澤 敏哉(もりさわ としや)
~年頭挨拶~

北陸農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」選定事例集

農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良事例を紹介します。
【富山県】

お知らせ(農林水産省等からの情報)

第7回「食品産業もったいない大賞」の受賞者の決定及び表彰式・事例発表会の開催について ほか

CSFに関する情報

北陸農政局管内で感染が確認されたCSFへの対応について

CSFについて(消費者の皆様へ)(PDF:314KB)

CSFに関するお問合せはこちらから

北陸ほっとニュース(新着情報)

イベント

北陸各県で行われる各月の食育イベントを紹介しています。

展示コーナー

北陸農政局「消費者の部屋」を開設しています。

消費者の皆様に農林水産行政、食生活等について知っていただくため、幅広いテーマを決めてパネルや関係資料等の展示を行っています。
どなたでも無料で入室できますので、お気軽にお立ち寄りください。

 〇12月16日~1月10日までの展示 【北陸地域の鳥獣害対策とジビエ 害獣から山の恵みへ ~おいしいジビエを食べよう~】

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

食の安全

消費者団体との意見交換会(福井県)議事概要【令和元年12月10日開催】

農業生産

令和元年産米穀検査結果(北陸)【令和元年11月30日現在】

野菜の入荷量と卸売価格の見通しについて【令和2年1月の見通し】

北陸地域における加工・業務用野菜産地の確立に向けたセミナーの開催及び参加者募集について

農林水産技術会議事務局研究資金事業等に係る事業・公募説明会(北陸ブロック)の開催について

【日時】令和2年1月10日(金曜日)13時00分~17時00分
【場所】金沢商工会議所会館 2階 研修室1(金沢市尾山町9-13)
【申込締切】令和2年1月8日(水曜日)12時00分必着

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

スマート農業【北陸ブロック令和2年度スマート農業加速化実証プロジェクトに関する事業説明会及び技術相談会】

食料産業

バイオマス【令和元年度畜産バイオマス地産地消緊急対策事業の公募の実施について】

統計情報

令和元年産水稲の市町村別収穫量(北陸)

新潟県拠点

北陸農政局新潟県拠点情報かわら版を令和2年1月号に更新しました

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

「農福連携推進シンポジウムin新潟」を開催しました

令和元年12月5日、新潟県拠点では、新潟県の後援を受け、新潟県民会館において「農福連携推進シンポジウムin新潟」を開催しました。
このシンポジウムは農福連携に対する関心が高まる中、新潟県における農福連携の取組を一層推進し、共生社会の実現に貢献することを目的として実施したもので、当日は農業関係者や福祉事業所、県内の行政機関等から約250名の皆様に御参加頂きました。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

発注・入札

競争入札・随意契約結果の公表【令和元年11月】

売払いの入札公告

メッセージ

~令和を切り拓く技術~
北陸農政局長  森澤 敏哉(もりさわ としや)

新年あけましておめでとうございます。
北陸管内でも昨年一年間様々な出来事がありましたが、最も大きなニュースは、台風・豪雨、猛暑、CSFといった災害が相次いだことであったと思います。
農業生産が気候や地形等の自然条件に左右されざるを得ない点は否定しようのない事実ですが、爾来そうした障害を克服し、あるいは、マイナスをプラスに転じることを可能としてきた大きな手段の一つが農業技術です。
例えば、風水害に対しては水利施設をはじめとする土地改良技術が、高温障害には新品種や水・肥培管理技術が、家畜伝染病に対しては飼養衛生管理の徹底が、大きな効果を発揮することを私たちは経験してきました。
こうした当たり前と言えば当たり前の技術、いわゆる基本技術の励行が岩盤にしっかりあってこそ、足腰の強い農業生産が実現できるのではないでしょうか。
スマート農業といった革新技術だけに目を向けるのではなく、こうした基本部分にも今一度立ち返りながら、確かな技術に立脚した強い農業づくりを考えていく必要があると思います。
そしてさらに、こうした「技術力」と今後もう一つ強く求められる「農業経営力」のシナジーによって、これからの農業が真の成長産業へと花開き、発展していくと考えます。令和がそうした時代になっていくことを祈念して、年頭のご挨拶といたします。

北陸農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」選定事例集

北陸管内において、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良な事例を紹介します。
平成30年度の選定事例を順次、各県ごとにご紹介します。(毎月5日号)

平成30年度北陸農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」選定事例

ディスカバー農山漁村(むら)の宝について、詳しくはこちらをご覧ください。

お知らせ(農林水産省等からの情報)

第7回「食品産業もったいない大賞」の受賞者の決定及び表彰式・事例発表会の開催について

石川県立翠星(すいせい)高等学校が農林水産大臣賞を受賞しました。

  ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

令和2年度農林水産予算概算決定の概要について(農林水産省へリンク)

令和元年度農林水産関係補正予算の概要について(農林水産省へリンク)

栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針

生鮮野菜を衛生的に保ち、食中毒を起こさないようにするためには、生産段階において、有害微生物を「付けない」「増やさない」衛生管理が重要です。
野菜の生産に携わる皆様方には、生鮮野菜の衛生管理の取組に是非この指針をお役立てください。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

2020年農林業センサスが始まりました!

農林水産省では、全国一斉に「2020年農林業センサス(令和2年2月1日現在調査)」を実施しています。
農林業センサスは、農林業の“今”を知り、“未来”へつなげるための大切な統計調査です。
調査の対象となる農林業を営まれている皆様、集落の代表者の皆様!あなたの答えが必要です。
調査票がお手元に届きましたら、ご協力をお願いします。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

海外における日本食レストラン数の調査結果(令和元年)の公表について

今後更なる日本食・食文化の海外展開を推進していくために、海外における日本食レストラン数の調査を外務省の協力の下、実施しました。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

「国際水準GAPの理解を深める全国研修会」の開催について

(一社)全国農業改良普及支援協会では、「団体認証をいかに進めるか」、「安全性確保の観点からのGAP」、「持続性の確保の観点からのGAP」の3つのテーマで各分野の専門家の方々のパネルデスカッションを実施し、GAP推進のための理解を深めることを目的として、「国際水準GAPの理解を深める全国研修会」を開催します。

【日時】令和2年1月14日(火曜日)10時00分~17時00分
【場所】全日通霞ヶ関ビル8階 大ホール(東京都千代田区霞が関3丁目3番地3号)

 ◎詳しくは、こちら(PDF:280KB)をご覧ください。((一社)全国農業改良普及支援協会へリンク)

令和元年度北陸米粉料理講習会の参加者募集!

【日時】令和2年2月26日(水曜日)13時30分~16時30分
【場所】福井県生活学習館
【申込締切】令和2年2月21日(金曜日)

  ◎詳しくは、こちら(PDF:807KB)をご覧ください。

新たな酪肉近基本方針及び家畜改良増殖目標に関する御意見の募集について

新たな酪肉近基本方針及び家畜改良増殖目標に関して、国民の皆様から、御意見を募集します。
国民の皆様の御意見を今後の議論に活用していきたいと考えておりますので、奮って御投稿ください。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

新たな食料・農業・農村基本計画に関する御意見・御要望の募集について

食料・農業・農村基本計画は、食料・農業・農村基本法に基づき、今後10年程度を見通した農政の中長期的なビジョンを示すもので、概ね5年ごとに見直しています。
新たな食料・農業・農村基本計画に関して、国民の皆様から、御意見・御要望を募集します。
国民の皆様の御意見・御要望を今後の議論に活用していきたいと考えておりますので、奮ってご投稿ください。

 ◎国民の皆様からの意見募集については、こちらから。(農林水産省へリンク)
 ◎新たな食料・農業・農村基本計画に関する御意見・御要望の募集について(令和元年9月6日付けプレスリリース)(農林水産省へリンク)

農林水産関係予算の概要について(農林水産省へリンク)

消費税軽減税率制度関係

【軽減税率制度に関するお問合せ先】

 〇消費税軽減税率電話相談センター(軽減コールセンター)
    専用ダイヤル:0120-205-553
 〇最寄りの税務署(税務署の連絡先は国税庁HPでご案内しています。)
    https://www.nta.go.jp/

【軽減税率対策補助金等に関するお問合せ先】

 〇軽減税率対策補助金事務局
    専用ダイヤル:0120-398-111
    https://kzt-hojo.jp/

「あふてらす 農林漁業はじめるサイト」について

「あふてらす」は、農業・林業・漁業、その加工・販売に興味がある方、これからはじめたい方向けの情報を発信しています。

 ◎「あふてらす 農林漁業はじめるサイト」は、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」について

本サイトでは、皆さんが「ごはんをもっと好きになる、もっと食べたくなる」情報をお届けします。

 ◎米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」は、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

家畜衛生及び家畜の感染症について(農林水産省へリンク)

米関連データ(農林水産省へリンク)
1.米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等
2.米に関するマンスリーレポート

生産資材コストの低減を検討の皆様へ【農業資材比較サービス(AGMIRU)】

平成29年6月から農業者が農業資材の価格やサービス等を比較し選択できるサービスが開始されています。

 ◎詳しくは、以下のURLをご覧ください。
 https://new.agmiru.com/
 ※AGMIRUは農林水産省の補助事業により、リデン(株)が運営する無料又は有料のサービスです。

施設園芸農業者の皆様へ

近年、自然災害が多発しています。
自然災害に備えて、公的な保険制度である農業保険に加入しましょう。
農業保険では、掛け金の原則50%(収入保険積立金は75%)を国が負担します。

 ※農業保険の加入が災害対策の基本です。特別対策は、過去に例のないような甚大な気象災害が発生した場合に限られます。

  • 園芸施設共済(農業用ハウスを所有又は管理する農業者が対象です)
     ・自然災害等で農業用ハウスや附帯施設が損壊した場合に補償します。
     ・共済掛金は1.2%程度(パイプハウスの本体の全国平均)です。

  • 収入保険(青色申告をしている農業者が対象です)(平成31年1月からスタート)
     ・自然災害や価格低下などで、農産物の販売収入が減少した場合に補償します。
     ・保険料率は1.08%(50%の国庫補助後)です。

詳しい内容については、お近くの農業共済組合へお問い合わせください。

施策情報「農業経営支援策活用カタログ2019」

農業者の経営発展に役立つ主な支援を紹介しています。

 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

農林水産物・食品の輸出相談窓口(PDF:315KB) (農林水産省へリンク)

農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、皆様にお気軽に相談いただける「農林水産物・食品輸出相談窓口」を国内各地に設置しています。
諸外国の規制・制度・国の支援事業、輸出先国のマーケット情報、輸出手続き等、輸出に関するお問い合わせに、是非ご活用ください。

災害に関する情報(農林水産省へリンク)

災害対応支援対策及び問合せ先(北陸農政局)(PDF:1,098KB)を紹介しています。

東日本大震災に関する情報(農林水産省へリンク)

北陸農政局管内の発注・入札情報について

補助事業参加者の公募について

農林水産省では、いろいろな補助事業について参加者を募集しています。
 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

「食育ネットほくりく」メールマガジン

北陸農政局では、月に一度、食育に関する色々な情報を掲載したメールマガジン「食育ネットほくりく」を配信しています。当メールマガジンと併せてぜひご登録ください。
 ◎詳しくは、こちらをご覧ください。

編集局から

新年明けましておめでとうございます。
新しい年が皆さまにとって実り多き年となりますように。
本年も「あぐり北陸」は、皆さまにタイムリーな情報をお届けしていきますので今後ともご愛読いただきますようよろしくお願いいたします。

北陸農政局では、当メールマガジン「あぐり北陸」のほか農政に対するご意見なども受け付けています。ぜひ、皆様のご意見をお聞かせください。

【ご意見】https://www.contactus.maff.go.jp/j/hokuriku/form/soudan_madoguti.html

【ご注意】メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
               PDFファイルをご覧いただくためには、以下のURLをクリックしてAdobe Readerをダウンロードしてください。
               https://get.adobe.com/jp/reader/

【配信変更及び配信解除】https://www.maff.go.jp/hokuriku/mm/index.html#haisin

お問合せ先

企画調整室

ダイヤルイン:076-232-4217
FAX:076-232-4218

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader