このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

プレスリリース

「北陸ブロックGAP推進シンポジウム」の開催及び参加者募集について

  • 印刷
令和2年1月21日
北陸農政局

北陸農政局では、農業者、実需者双方のGAPの理解度を深め、GAP認証取得の推進に繋げるため「北陸ブロックGAP推進シンポジウム」を、令和2年2月17日(月曜日)に富山市で開催します。また、参加者を募集します。
本シンポジウムは公開とし、カメラ撮影は可能です。

 ※申込締切日を延長しました。

1. 趣旨

GAPとは、農業における食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組であり、農林水産省では「GAPをする」と、GAP取組を第三者が証明する「GAP認証をとる」に分けて推進しているところです。
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会においては、農畜産物の調達要件を満たす方法としてGAP認証取得等が求められており、また、輸出拡大などによる我が国農業競争力の強化を図るためにも「GAP認証をとる」を推進する必要があります。
このような情勢を踏まえ、農業者及び実需者の視点から見たGAPのあり方に関する事例発表や議論を通じ、農業者、実需者双方のGAPの理解度を深め、GAP認証取得の推進に繋げることを目的にシンポジウムを開催します。

2. 開催日時及び場所

日時:令和2年2月17日(月曜日)13時30分~17時00分
場所:富山県農協会館 8階ホール(富山市新総曲輪2-21)
アクセス:富山駅南口より徒歩約10分
 ※富山県農協会館に駐車することはできませんので、公共交通機関をご利用になるか、近くの有料駐車場をご利用ください。

3. 主催

農林水産省北陸農政局、富山県

4. 内容

(1)国際水準GAPの推進について
        説明者:農林水産省担当官
(2)管内各県のGAPの取組について
        説明者:新潟県、富山県、石川県及び福井県担当者
(3)小売業とGAPについて
        講師:認定NPO法人GAP総合研究所 専務理事  武田 泰明 氏
(4)実需者サイドから見たGAP認証農産物のニーズについて
        講師:コープデリ生活協同組合連合会 商品業務管理企画担当部長  植野 敏弘 氏
        講師:イオンリテール株式会社 商品企画本部 農産商品部長  千葉 泰彦 氏
(5)意見交換(質疑応答等)
        16時30分~17時00分 農業者と実需者等との名刺交換

5. 募集人数

150名程度  参加無料

6. 参加申込要領

(1)申込方法

参加を希望される方は、インターネット又はFAXにて、以下の申込先に必要事項(所属、氏名、連絡先等)をご記入の上、お申込みください。
なお、電話でのお申込みはご遠慮願います。
また、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、本シンポジウムの運営に限り利用させていただきます。

<インターネットによる申込先>

以下の参加申込みフォームからお申込みください。
https://www.contactus.maff.go.jp/j/hokuriku/form/200217_gap.html

<FAXによる申込先>
別添の「参加申込書」によりお申込みください。
申込先FAX番号:076-232-5824 (北陸農政局 生産部 生産技術環境課宛て)

(2)申込締切

令和2年2月7日(金曜日)17時00分 必着    令和2年2月12日(水曜日) ※申込締切日を延長しました。
先着順で定員に達し次第、締め切らせていただきます。参加いただけない方にのみ、その旨連絡させていただきますので、あらかじめご了承ください。

7. 報道関係者の皆様へ

本シンポジウムは公開とし、カメラ撮影は可能です。
取材を希望される場合は、「6.参加申込要領」に従い、インターネット又はFAXによりお申込みください。
当日は、受付で記者証等の身分証明書をご提示いただきますので、あらかじめご了承願います。

添付資料

 ・開催案内チラシ(PDF : 360KB)
 ・参加申込書(PDF : 115KB)

お問合せ先

生産部生産技術環境課

担当者:長田、坊
代表:076-263-2161(内線3353、3358)
ダイヤルイン:076-232-4893
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader