このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

プレスリリース

北陸農業の未来を考える「たがやすラボ」現地セミナーin利賀村の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
令和3年11月9日
北陸農政局
北陸農政局は、令和3年11月30日(火曜日)、12月1日(水曜日)に「北陸農業の未来を考える「たがやすラボ」現地セミナーin利賀村」を開催します。

1.趣旨

北陸農政局は、担い手不足、集落機能の低下など様々な課題を抱える地域とこれらの課題を解決し前に進んでいる地域との相互交流が、地域農業の持続につながると考え、地域・農業を支える人、組織、それらを応援する関係者等の交流の場として、本年3月「北陸農業の未来を考える『たがやすラボ』」を立ち上げました。
今回は、地元の資源を活用した地域づくりや関係人口の創出等に積極的に取り組む富山県南砺市利賀村において、先進的な事例を学ぶとともに現地の方々との意見交換等を通じ、それぞれの活動の参考とすることを目的に現地セミナーを開催します。

2.開催日時及び場所

日時:令和3年11月30日(火曜日)13時00分~17時00分(1日目)
         令和3年12月1日(水曜日) 9時00分~12時00分(2日目)
場所:富山県南砺市利賀市民センター及び周辺施設
        (富山県南砺市利賀村171番地)

3.内容

【1日目】
(1)開会挨拶・アイスブレイク
(2)講演その1~利賀村から学ぶ~
     ・(一社)moribio森の暮らし研究所 代表理事 江尻 美佐子 氏
     ・慶応義塾大学 牛島ゼミ生
(3)講演その2~移住者に聞く~
(4)グループディスカッション~想いや課題を発信~
(5)総評
        株式会社 sotokoto online 代表取締役 ソトコト編集長 指出 正一 氏
【2日目】
  体験プログラム(2グループに分かれて実施)
  (1)森林資源体験
          講師:(一社)moribio森の暮らし研究所 代表理事 江尻 美佐子 氏
  (2)農業体験
          講師:民宿中の屋 中西 邦康 氏

4.参集範囲

農業者、集落組織、行政機関、JA等

5.募集定員

【1日目】オフライン20名(先着順) オンライン定員制限なし
【2日目】オフライン10名(先着順) 

6.参加申込みについて

(1)参加申込方法
          参加を希望される方は、インターネットまたはFAXにてお申し込みください。
       <インターネットによるお申込み>
          以下の参加申込みフォームからお申し込みください。
          https://pasona-nouentai.co.jp/event/427
       <FAXによるお申込み>
          送付先 FAX:03-6734-1269
          ※申込時の個人情報については、本セミナーの運営に限り利用いたします。
(2)申込締切
          令和3年11月26日(金曜日)13時00分必着
          参加申込者が募集人数に達した場合は、申込締切前であっても参加申込みを締め切ります。
(3)お問合せ先
          運営事務局:株式会社パソナ農援隊 担当:北澤
          TEL:03-6734-1260,MAIL:agri@pasona-nouentai.jp

7.参加に当たっての注意事項

参加を希望される皆様へ
(1)1日目又は2日目のどちらか一方のみの参加も可能です。
       なお、2日間とも参加される場合は、ご自身で宿泊予約をお願いします。
(2)食事の提供はありません。
(3)新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、次の事項を実施しますので、ご理解とご協力をお願いします。
     ア 受付で検温、手指消毒等を実施します。
     イ 発熱等の症状がある場合は、入場をお断りする場合があります。
     ウ 体調のすぐれない方は、参加をお控えください。
     エ 参加者は、マスクの着用をお願いします。
(4)事情により、内容を変更する場合があります。

8.報道関係者の皆様へ

本セミナーは公開とし、カメラ撮影は可能です。
取材を希望される場合は、上記の「6.参加申込みについて」に従い、お申し込みください。その場合、報道関係者である旨を必ず明記してください。

9.参考

利賀村のご案内
(南砺市の観光情報サイトhttps://www.tabi-nanto.jp/about/area07

添付資料

現地セミナーチラシ

お問合せ先

企画調整室

担当者:中川、板尾
代表:076-263-2161(内線3218)
ダイヤルイン:076-232-4206