このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

北陸ブロック教育ファーム推進協議会


これまでの農林漁業体験学習の取組については、様々な主体により積極的に行われてきていますが、自分達が自ら汗を流し育て収穫するのが基本であるにもかかわらず、参加者がお客様扱いになっているケースがあったり、「体験をさせる」こと自体が目的として扱われ、その結果として一過性的なものに留まっている側面も否定できない状況にあります。
こうした反省も踏まえ、今後の北陸管内の各市町村における教育ファームの取組が一過性のものに終わることなく、また、点から面へと活動を拡大し、その役割を十分に果たすことが可能となるよう、教育ファームの理念と目標を明確化するとともに、その目標に向けた具体的な推進方策を協議する「北陸ブロック教育ファーム推進協議会」を設置しました。

更新日:平成23年3月23日

「北陸地域における教育ファームの方策について」(中間取りまとめ)を作成しました

「北陸地域における教育ファームの方策について」(中間取りまとめ)

北陸農政局では、管内において、より多くの方々が教育ファームを体験できるようにするために、平成20年7月に「北陸ブロック教育ファーム推進協議会」(座長:佐藤幸男富山大学理事(教育担当)・副学長)を立ち上げ、これまで6回にわたってジャーナリスト、子育て支援団体、農業者、県及び市町村で構成される委員の方々やゲストスピーカーから意見等を賜りました。
今回の「中間取りまとめ」は、主にこれまでいただいた意見等をまとめたものです。

第6回北陸ブロック教育ファーム推進協議会を開催しました

全体画像

第6回協議会では、「技術的な支援を行うサポーターの確保」について、(財)石川農業人材機構 葛城氏より取組の情報提供、金沢大学 土井准教授より教育ファーム活動への教育者や学校関係者の育成のお話をいただきました。また、北陸管内における教育ファームの効果や今後の活動の進め方などについても意見交換しました。
なお、今協議会をもって一旦閉会することと、23年2月までに中間とりまとめをまとめることが決定しました。

開催日時:平成22年10月25日(月曜日)
開催場所:北陸農政局 広坂合同庁舎(石川県金沢市)

配布資料

第5回北陸ブロック教育ファーム推進協議会を開催しました

第5回協議会では、上越市立明治小学校における、教育ファームモデル実証事業発表会見学と、上越市教育プラザ(新潟県上越市)において、(社)農山漁村文化協会より「教育ファームの効果及び課題の分析・整理について」、また、CRC地域再生診療所 井上所長より「コーディネーターの育成と確保について」説明を聞き、平成22年度における取組について、国及び各県から説明をいただきました。
なお、次回以降の予定については、事務局より、第6回協議会の後、中間取りまとめを行い、今後は全国協議会の動向を見極めながら、適宜開催することが提案されました。

開催日時:平成22年2月1日(月曜日)~2月2日(火曜日)
開催場所:上越市立明治小学校及び上越市教育プラザ(新潟県上越市) 

配付資料

第4回北陸ブロック教育ファーム推進協議会を開催しました

第4回協議会では、北陸地域における教育ファームの意義・理念と目標の決定、教育ファーム推進全国協議会の取組状況と22年度予算関係、主要課題に関する対応方針などについて意見交換しました。これまでの協議会で出された様々な意見内容を踏まえ、委員の皆様の同意の下、北陸地域における教育ファームの意義・理念と目標が決定されました。

また、次回以降の予定については、(1)コーディネーターの育成方策、(2)管内における教育ファーム推進事業の効果及び課題の分析・整理、(3)22年度に向けた各県の事業推進の考え方等が提案されました。

開催日時:平成21年8月19日(水曜日) 13時30分~
開催場所:北陸農政局金沢野町庁舎会議室(金沢市野町)

配付資料

第3回北陸ブロック教育ファーム推進協議会を開催しました

第3回協議会では、教育ファームの効果を踏まえた理念と目的について、並びに北陸地域及び各県における教育ファームの推進方策と21年度の推進方針について意見交換を行いました。その中で、「教育ファームの取組主体間のネットワークを構築し、連携を図る事が重要。それを推進していくうえで、コーディネーターが重要な役割を果たす。」、「地域コミュニティの再生や地域の絆を定着させていく北陸らしい方策を考えていくことが必要。」などの意見が出され、「地域への愛着が根強く、教育ファームへの関心も高いという北陸の特色活かしながら、食や農の知識・技術の習得や人間の成長過程に対応した取組を目指すとともに、取組主体間の有機的な連携を図り教育ファームを推進していく。」ことについて、共通認識が得られました。また、「農業高校との連携」や「中学校の学習指導要領改訂による栽培技術の習得と併せた取組」など、中学、高校への取組の推進も含め、「協議会での論議や各県での取組方針が地域でいかに現実化していくことが大きな課題である。」など、今後の議論について提起されました。

次回(第4回)は「教育ファームの推進方策及びコーディネーターの育成について」を議題に、平成21年7月頃に開催を予定しています。

開催日時:平成21年2月13日 9時30分~
開催場所:金沢市文化ホール(石川県金沢市高岡町15-1 第5-6会議室)

配付資料

第2回北陸ブロック教育ファーム推進協議会

開催日時:平成20年11月25日 13時30分~
開催場所:金沢市文化ホール(石川県金沢市高岡町15-1 第5-6会議室)

配付資料

第1回北陸ブロック教育ファーム推進協議会

開催日時:平成20年7月25日 13時30分~
開催場所:金沢勤労者プラザ会議室(石川県金沢市北安江3-2-20)

配付資料

※については、お問い合わせ先までご連絡下さい。

教育ファーム推進全国協議会(農林水産省へリンク)

教育ファームを推進する関係者や、その活動を支援する団体等により、意見交換や情報提供を行って、それぞれの連携を促進して活動のバックアップするとともに、教育ファームの全国展開を図ることを目的として、教育ファーム推進全国協議会が設立されました。

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:「食育ネットほくりく」事務局
ダイヤルイン:076-232-4227
FAX:076-261-9523

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader