ホーム > 政策情報 > 生産 > 園芸特産作物に関する情報 > 今月の園芸特産作物:7月 らっきょう


ここから本文です。

今月の園芸特産作物

7月   らっきょう 

掘り上げられたらっきょう

らっきょう(辣韮)

らっきょう(ユリ科ネギ属)は中国が原産とされています。

日本には平安時代に中国から伝わったといわれ、薬として使用されていましたが、江戸時代には、食感の面白い食物として漬けたり、ゆでたり、煮たり等多彩な料理方法によって食されていたようです。

現在は甘酢漬が代表的な食べ方ですが、天ぷらや、かき揚げ、サンドイッチの具材など、いろいろな食べ方があります。 

 

 

 

 

 

国内・管内の産地

らっきょう円グラフ

らっきょうの作付面積は、1位が鹿児島県で、2位が鳥取県、3位が宮崎県という順です。北陸の福井県は4位で、主に坂井市三里浜地区の砂丘地で栽培が行われています。

通常らっきょうは8~9月頃に植え付けをして翌年収穫されますが、三里浜では、植え付けから収穫まで”足かけ三年”におよぶ栽培が行われていて「三年子」と呼ばれています。 「三年子」は分球が多くなることから、小粒で繊維が細かく、身が締まっている特徴があります。

らっきょうの収穫
【らっきょうの収穫】 

「三年子」のらっきょうは、二年目の10月下旬頃から11月頃にかけて花を咲かせ、畑一面が赤紫の絨毯のように彩られます。
収穫は、三年目の6~7月で、根、茎を切り除いた後、甘酢漬けに加工されて「花らっきょう」というブランド名で、全国に出荷されます。

三年子

 

らっきょうの花
【らっきょうの花】 

らっきょうの機能性

らっきょうから生成されるアリシン(硫化アリル)という成分は、ビタミンB1の吸収を高め、血液をサラサラにして、血行をよくし、循環器系の機能を正常化する働きがあるといわれています。豚肉などのビタミンB1を多く含む食品と合わせて摂ることにより、疲労回復に効果的と考えられています。また、らっきょうには、食欲増進、整腸、殺菌作用等の効果もあるといわれています。

 

 

 

 

レシピ

【らっきょうの甘酢漬け】

材料 つくりかた
  • らっきょう(塩水漬け)… 200g
  • 甘酢(酢 1カップ+砂糖 1/2カップ)
  • 赤とうがらし… 小2本
らっきょうの甘酢漬け
  1. らっきょうの塩水漬けを薄い塩水(水3カップに塩大さじ1杯)に5~6時間つけ、塩気が少し残る程度に塩抜きする。
  2. ほうろう鍋に酢、砂糖を入れ、火にかける(甘酢をつくる)。砂糖が溶けたら火から下ろして冷ます。
  3. 容器にらっきょうと赤とうがらしを入れ、らっきょうがかぶるまで甘酢を注ぎ、冷蔵庫で保存する。20日ほどすると味がしみておいしくなる。

 

写真提供:福井県

レシピ参考文献:家の光協会編『漬け物百科』

* 「今月の園芸特産物」バックナンバーはこちら

お問い合わせ先

生産部園芸特産課
担当者:農政調整官
代表:076-263-2161(内線3334)
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

ページトップへ

北陸農政局案内

リンク集