このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー
かなり・いい・はなし


更新日:平成24年7月24日

北陸の産地別園芸作物:新潟県 村上市、関川村(JAにいがた岩船)

位置図(新潟県 村上市、関川村)


新潟県の北端に位置し、周囲を朝日連峰、飯豊連峰と磐梯朝日国立公園に囲まれ、中央部を雄大に流れる「三面川」や「荒川」は江戸時代から鮭の上る川として有名であり、新潟県屈指の銘酒の里であることからもわかるように良質な水に恵まれた地域です。稲作では良質な水と3割減農薬・減化学肥料栽培による高品質で安全な「岩船米コシヒカリ」としてブランド化されております。更に良質なコシヒカリの稲藁を存分に与えて育てた「村上牛」は市場から高い評価を得ています。
野菜では、気候条件を生かした旬の作物が多く生産され、切花では畑を蒸気で殺菌する環境に優しい技術を導入し高品質のユリが生産されています。

情報提供元(問い合わせ先)

 ねぎ(やわ肌ねぎ)

*

適度な湿度と昼夜の寒暖の差により、柔らかくて美味しいねぎです。
栽培に当たっては、土作りと農薬使用量の低減に重点を置き、安全安心と環境に配慮しています。

 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ねぎ(やわ肌ねぎ)                                                                        

 えだまめ

えだまめ

山間地の火山灰土壌と夏でも昼夜の寒暖差が高い条件を利用し、甘く美味しい枝豆ができます。更に食味向上をねらい、良質堆肥等の投入や適期追肥を実施し、食味では県内トップの枝豆作りを目指しています。

 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
えだまめ                                                                        

 春ブロッコリー

ブロッコリー

早春の作型で5月中旬から6月下旬まで出荷が続きます。
この作型では、害虫発生前~初期の収穫となるため、栽培期間中の農薬散布が無いかあるいは1回の散布ですみます。安全安心性は抜群で更に柔らかく食味も良いのでお勧めです。

 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
春ブロッコリー                                                                        

 赤かぶ

*

栽培については、山間地の杉伐採地を利用した古来の焼畑農法を多くの生産者が取り入れ、杉の枝等を焼却し畑の病害虫を除き灰を肥料とする、原始的であるが理にかなった農法を実施しています。
焼畑のカブは引締まり色が良くなり漬物の原料として最適です。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
赤かぶ                                                                        

 みょうが

*

みょうがは山間地を中心に古くから自生しており、栽培特性は根が浅く乾燥に弱いが湿害にも弱いので、適地となると山間地の半日陰傾斜地ということになります。
もともと自生していた作物であり、自然条件を活用し栽培されておりますので、農薬散布も無いか1回の使用ですみ、安全性は高い品目です。旬の食材として薬味や漬物に利用されます。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
みょうが                                                                        

 ユリ

ユリ(カサブランカ)

栽培方法として蒸気による土壌消毒を行っており、農薬を使用せず土の雑菌を無くしています。

植付時期や品種別の栽培方法も確立され、球根の持つ能力を最大限に発揮させ品質の高いユリが周年出荷されています。最後の蕾まで大きい花を咲かせるユリに仕上がっています。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ユリ                                                                        

 その他の果実

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
柿(平核無)                                                                        

お問合せ先

担当者:課長補佐(総務・園芸)
代表:076-263-2161(内線3331)
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader