このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー
かなり・いい・はなし


更新日:平成24年7月13日

北陸の産地別園芸作物:新潟県 新潟市(JA新潟市) 

位置図(新潟県 JA新潟市)
JA新潟市は、田園都市新潟市の中心に位置し、都市近郊型のJAとして近隣の4JAが合併し、平成15年に誕生し10年目を迎えます。
越後平野を流れる「信濃川と阿賀野川」、野鳥が舞う「鳥屋野潟」をはじめ、豊かな自然と水源に囲まれた肥沃な土壌で米・野菜・果実・花等が生産されています。
立地条件を生かした都市近郊農業の発展をめざしながら、生産者と消費者地域住民とのふれあいの場づくりや、学校教育田や親子での田植稲刈り農業体験を通じて、子どもたちへ農業や食の大切さの理解につなげるための取り組みを行っています。
また消費者が求める安全安心に応えるべく「新鮮で安全安心なJA新潟市農産物の供給基地づくり」をめざしています。 

本ページに関する問い合わせ先

 ユリ(ホワイト阿賀) 

ユリ(ホワイト阿賀市)

新潟市の大河、阿賀野川の河畔で生まれ育ち、新潟市の食と花の銘産品第1号の「ホワイト阿賀」は、阿賀に咲く白の貴婦人として親しまれています。ホワイト阿賀の魅力は、花はボリュームがありバランスがよいこと、葉は濃緑色でつやがあること、花持ちがよいこと、出荷時期が長いことです。
JA新潟市では、7月下旬~10月中旬に、大江山と石山から出荷されています。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ユリ(ホワイト阿賀)                                                                         

 日本梨

日本梨1新高(にいたか)

果肉はほどよい柔らかさで、驚くほどジューシー。さっぱりとした甘さが良好で、上品な香りに誘われ思わずかぶりつきたくなります。そして、一番の特徴はやはりその大きさ!大きなものだと1kg以上になるものもあり、大きな実が特においしいと言われています。JA新潟市では、10月中旬~10月下旬に、両川地区から出荷されています。

日本梨2新興(しんこう)

大変みずみずしくほんのりきいた酸味とさわやかな甘さのバランスが絶妙で、果肉が柔らかいのが特徴です。収穫後、2週間ほど寝かせることで酸味が抜け、皮の色も落ち着きます。JA新潟市では、10月下旬~12月中旬が収穫の時期ですが、貯蔵性の良さが人気で、年内はおいしく召し上がっていただけます。両川地区で生産しています。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日本梨                                                                        

 西洋梨(ル レクチェ)

西洋梨(ルレクチェ)_JA新潟市

とろけるようで滑らかな舌触り、濃厚で深い味わい。Le Lectier. フランスのオルレアンで生まれ、新潟へ導入された西洋梨で、栽培が難しいため生産量が少ない貴重な品です。この極上の西洋梨は、実は10月下旬に収穫されたときには明るい緑色をしています。この後「追熟」といって40日ほど寝かせることで鮮やかな黄色に色づいて、12月、食べごろ一歩手前でみなさんの前へ現れます。(お歳暮に最適!)そのころには豊潤な香りが強くなり、指で触れると柔らかい感触になりますので、それまでは涼しい場所で保存して、おいしくなっていくのを毎日楽しんでください。両川地区で生産しています。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
西洋梨(ル レクチェ)                                                                        

 

 なす(十全なす)

なす(十全なす)

新潟市の食と花の銘産品第2号に認定されています。巾着型で皮・果肉が柔らかく良質で、歯ざわりがよく鮮やかな紫色が食欲をそそります。浅漬けに最適です。
JA新潟市では、6月下旬~9月上旬に出荷され、曽野木地区で生産されています。
 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
なす(十全なす)                                                                        

 女池菜

女池菜新潟市近郊の鳥屋野地区のみで生産されている小松菜の一種です。生産面積は16ヘクタールで、徹底した品質管理のもと県内市場に出荷されます。

新潟市の食と花の銘産品にも指定されており、冬場の葉菜類の代表選手です。出荷時期は12月上旬~4月上旬と、冬から初春にかけての季節限定の味です。
女池菜は、雪をかぶって気温が下がると、凍結から身を守るために糖分を作り、とう(花茎)や葉に蓄えるために、甘みが増すと言われています。そのため、雪が降り寒くなるほど甘みが増し、おいしい女池菜となります。
甘みの増した「春一番の味 女池菜」は、雪と寒さが育てた豊かな甘味とほろ苦さの独特な味わいは新潟の味覚の一つです。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
女池菜(めいけな)                                                                        

 

 メロン

メロン_JA新潟市

甘くてジューシーなメロン。高級感のある容姿のマスクメロンはまさに果物の王様。マスクメロンの白く浮き上がった網のように見える模様は、メロンが大きくなろうとして割れた傷口を治そうとしてできた「かさぶた」です。このかさぶたをいかに美しく作るかが生産者の腕の見せ所。この水加減は長年の勘も必要です。また、この「かさぶた」=「マスク」の細かさが食味(甘さ)を左右します。細かく入っているもの、もしくは太くてネットのもりあがりのいいものは、甘くておいしい証拠です。
JA新潟市では、7月下旬~8月中旬に南浜・鳥屋野・石山地区で、9月下旬~11月中旬に南浜地区で出荷しています。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
メロン                                                                        

 ねぎ(やわ肌ねぎ)

ねぎ(やわ肌ねぎ)_JA新潟市

JA新潟市は、ねぎの名産地。「やわ肌ねぎ」は、白くきれいなツヤと、甘さが魅力です。「ねぎっ娘」は人に例えるなら育ち盛りの若い娘。成長期の若いねぎを出荷しているので、悪い虫や病気が少なく、安全・安心というわけなんです。また消費者ニーズを考えて、買い物袋からはみ出ないよう、生産者がきれいに作って出荷しているのです。
7月頃、鳥屋野地区の「ねぎっ娘」から出荷に始まり、8月~9月は鳥屋野・大形地区の「長ねぎ」、同地区から11月~12月の「やわ肌ねぎ」出荷へと続きます。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ねぎ(やわ肌ねぎ)                                                                        

 すいか(南浜すいか)

すいか(南浜すいか)

南浜のスイカは香がよく、シャリっとした食感が自慢です。平成15年に新潟市の食と花の銘産品に指定されました。
すいかは成分の90%以上が水分、10%程は果糖やブドウ糖などのエネルギー転換が速い糖分です。さらに豊富に含まれているカリウムなどの相乗効果で体に涼を呼び、爽快感を与えるため、疲れた体を癒す効果があるそうです。暑い夏にはぴったりですね。
JA新潟市では、6月中旬~7月下旬にかけて、南浜地区から出荷されています。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
すいか(南浜すいか)                                                                        

 きゅうり

きゅうり_JA新潟市 サラダに漬物…。一年中お世話になっているきゅうり。JA新潟市では3月下旬から11月下旬まで曽野木・大形地区産を中心に出荷を行なっています。
もともと夏の野菜であるきゅうりは、そのみどりいろのすがすがしさ、ぽりぽりとした歯ざわりから夏場の食欲増進に役立ちます。
また、きゅうりには利尿作用があるといわれ、むくみを除くものとして用いられてきました。冷房の効きすぎによる体調不良やだるさ、むくみのある人には最適ですが、体を冷やす働きもあるので注意しましょう。しかしこの体を冷やす働きは二日酔い等体から早く熱を取りたいときにはうってつけです。お酒の肴に加えてみるのはいかがでしょうか。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
きゅうり                                                                        

 いちご(越後姫)

いちご(越後姫)

大粒でタネが少なく、鮮紅色でつややかな苺です。肉質はやわらかくジューシー!甘く豊かな香りのとてもおいしい品種です。
越後姫は新潟生まれ。寒い冬・少ない日照といった新潟の冬季間の気象に適するよう選抜された品種で、収量が多いこと、食味と香りがよいことなど厳しい選抜条件をクリアして生まれた、みんなをハッピーにしてくれる新潟の真っ赤なお姫様です!
JA新潟市では、1月下旬~7月上旬に大江山・石山・曽野木・両川・南浜・濁川地区から出荷されており、新潟の都心部に近いJA新潟市からは、果実が新鮮なうちにみなさまに提供することができます。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
いちご(越後姫)                                                                        

 トマト(濁川とまと) 

トマト(濁川トマト)

濁川(にごりかわ)地区のトマトは、食と花の銘産品に指定されているほか、生産者全員がエコファーマーの資格を取得し、環境にやさしいトマト栽培を行なっています。
甘みと酸味のバランスがとれた濁川とまとは、5月下旬~7月上旬と、9月上旬~11月中旬に出荷されています。

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
トマト(濁川とまと)                                                                         

 トマト

トマト_JA新潟市

JA新潟市では、トマトの産地がいろいろとあり、曽野木・鳥屋野地区では、おなじみの桃太郎系の品種を有機肥料を使って栽培しています。
旬は5月下旬~7月上旬で、太陽をたっぷり浴びた真っ赤なトマトが、曽野木・鳥屋野・石山地区で出荷されています。

 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
トマト                                                                        

 チューリップ

チューリップ_JA新潟市

新潟県と新潟市のシンボルの花チューリップ。新潟県は全国的に有名なチューリップの産地です。切花生産量、球根生産量とも全国トップクラスとなっています。新潟市は新潟県内でも有数の産地です。
JA新潟市では、12月下旬~3月下旬に曽野木・両川・大形地区から出荷されています。
春郊外に出掛けた際、色鮮やかに無数のチューリップが花咲いている畑に目を奪われた経験を誰もがお持ちのことかと思います。 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
チューリップ                                                                        

 こまつな

こまつな

こまつなは冬菜とも言われるように旬は冬で、冬季の貴重な野菜として重宝されます。栄養価が非常に高く、カルシウム・鉄・カロチン・ビタミンを多く含む野菜として多く消費されています。
JA新潟市では、一年を通して大江山・石山・曽野木・濁川地区で出荷されています。

 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
こまつな                                                                        

 ほうれんそう

ほうれんそう

ポパイでおなじみのほうれんそうは、冬から春にかけてが旬です。カルシウム・鉄・カロチン・ビタミンを多く含む緑黄色野菜の代表です。JA新潟市では、一年を通して、大江山・石山・曽野木・南浜地区で出荷されています。

 

品目名 主な出荷時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ほうれんそう                                                                        

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader