このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農業を始めて大体70年、人参は作り始めて50年船橋人参 斉藤農場

斉藤農場さんの作業の様子1

1.農業を始めたきっかけを教えてください

高校を卒業するにあたって、進路を考えた時に農業が嫌いではなかったのでそっちの方に進もうと県の農業大学に入学しました。当時つくば万博を見て水耕栽培で、1本の木で何千という実を生らせるトマトの栽培をしているのを見て衝撃を受けたのがきっかけです。大学在学時に水耕栽培の勉強をして、これを仕事にしたいなと思いました。卒業後も1年間千葉市の水耕栽培をしている農家の方に、泊まり込みでお世話になりました。でも、親に反対され水耕栽培を諦めて今、人参、秋のキャベツ、冬にネギを作っています。

2.ご実家が農家を経営されていたのですか?

斉藤農場さんの作業の様子2

私で3代目です。自分の曾祖父までは大工をしていました。農業を始めて大体70年くらいになります。人参は作り始めて50年くらいになります。

3.船橋人参について教えてください。

船橋人参は私が名付け親なのです。うち一軒できょうせんを作っていて東京の大田市場にお世話になっていました。その時に名前を何にしようか考えていて、当時は地域名を野菜につけるというのがまだなくて、ここは金杉というのですが、あまり有名な地名ではないので船橋の方がいいかなと思い、斉藤農場の船橋人参と命名しました。最近になって農協さんが船橋人参のブランド化を進めてくれました。今出ている船橋人参の品種もうちの農場で試験をして出している品種になります。船橋人参の特徴は、臭みが全然なく甘みも豊富です。同じ品種を作っていても、同じ味にはならないものです。土や肥料はもちろんですが、管理の仕方でも変わってきます。

4.船橋は都会近郊だと思いますが、都会近郊で行う農業の難しさ、便利な所はありますか。

斉藤農場さんの作業の様子3

最近ですと、住宅が増えたことがあります。引っ越して来る方は周りに畑があることを知っていて来ると思うのですが、農薬を扱う事や肥料の臭い、耕運機の音など近隣の問題になることがあるとも聞きます。便利な所は販路が恵まれている所です。市場も近いですし、直売するにしても住宅も多いので、お客様もすぐついてくれます。

5.今まで農業に携わってない方でも、農業を始めるという事はできるものですか。

大変な事だと思います。船橋でも何件か農家じゃない方が農業を始めましたが、やっぱり難しいみたいです。始めるにはやはり相当の覚悟が必要ですし、研修に行くなり知識を蓄えることも必要です。就農するには自分が作りたいと思っている作物を作っている農家に修行にでるのが1番だと思います。そこで一緒に仕事をしていれば、覚えてしまうものですから。やはり、経験してから始めることを勧めます。畑は空いていますし、農業をやりたいと来てくれる事については大歓迎です。

6.農業をビジネスと考えた時、収益について教えてください。

作物にもよりますし、販路にもよりますけどきついものがあると思います。
私は儲かる職業だとは思わないです。市場出荷して最高値で仕入れてもらっても、儲かるとまではいかないです。やりがいはあるとは思いますが。

7.そのやりがいはどういった所でしょうか。

良い物を作って認められた時が1番です。うちは良い評価をもらってスーパーではなく、百貨店に置かせてもらっています。それは周りから認めてもらっているからだと思います。

8.サイトを見ている方にメッセージをお願いします。

斉藤農場さんの作業の様子4

直販というのが良いのではないでしょうか。都内近郊ですと、お客様も近くにいますし、仲良くなれます。ビジネス観点によらず、野菜作りを楽しむという事から始めた方が良いと思います。大規模にハウスを建ててやろうとしている方もいますが、あまり勧められないです。外で仕事をするので自然と一体化し、作物を作ることは楽しいので是非その感覚を味わってほしいです。

9.定年後の農業についてどう思われますか。

結構いますよね。家庭菜園やUターンの方も多く見受けられます。自分で作ったものを自分で食すという事で、活性化していると思います。

10.日本の野菜の良い所とはどういう所ですか。

斉藤農場さんの作業の様子5

日本の野菜は綺麗ですよね。品質も良いですし、海外の方は宝石の様だと評していました。安全面でも日本の場合はかなり厳しいです。残留農薬にしても基準がものすごく厳しいものがあります。

11.農業での叶えたい夢を教えてください。

健康面が続く限りは長くやっていこうとは思います。奥さんと時々娘と楽しくやれたら良いなと思っています。

斉藤農場さんの作業の様子6

この記事についてのお問い合わせ先

斉藤農場
住所:千葉県船橋市金杉1-35-15
電話:047-438-3044

お問合せ先

このページに関するご質問、就業に関するご相談は 農林水産省総合窓口までお気軽にどうぞ。

リンク先の各ページにも、それぞれ問合せ先があります。