このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ニンジン

  • 印刷
トップページ 昔といまのコメづくり 食卓にとどくまで 農産物たんけん隊 情報コーナー ミニミニちしき

ニンジン


ニンジンのだいだい色は皮ふをじょうぶにする
カロテンという色素(しきそ)です

(五寸(すん)にんじん)

えらびかた・ そのほか

今、よく見かけるのは西洋生まれの「五寸にんじん」ですが、写真のように赤い色があざやかな「金時(きんとき)にんじん」も人気です。
「金時にんじん」の赤い色はリコピンという色素です。
金時にんじん

収穫(しゅうかく)

機械での収穫
昔は一本一本、手でほり取っていたのですが、今は機械で収穫します。まだふさふさとした葉があるうちは、収穫機で葉をはさんで引きぬきます。寒くなってくると、葉がかれたり、横に開いてしまうのでジャガイモのように、土の中にコンベアを入れ、ほり上げます。(北海道)

収穫(しゅうかく)

収穫
4~7月は徳島県、千葉県、8~10月は北海道でおもに収穫されます。(千葉県)

集荷(しゅうか)・市場

収穫したものは一度、農協のような出荷場に集められ、洗って選別し、そこから地方や都会のおろし売り市場に、夜おそくから明けがたまでかけてトラックで運びこまれます。ここで、それぞれの野菜はせりにかけられ値段がついてやおややスーパーに買われていきます。

お店にならべる

陳列風景
市場からはこばれてきた野菜がやおややスーパーの売場にならびます。

 

おせち料理カレーライスみそしる


昔といまのコメづくり食卓にとどくまで農産物たんけん隊情報コーナーミニミニ知識


参考にした本・ホームページ