このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

CPTPPに基づく乳製品の関税割当を申請するために必要な提出書類(新規発給)

CPTPPに基づく乳製品の関税割当てを申請するためには、関税割当の申請期間内に、「ウェブ登録」と「申請書類の提出」の2つの申請手続きが必要です。

「ウェブ登録」と「申請書類の提出」の順番に決まりはありませんが、申請期間内に必ず両方の手続きを行ってください。

以下の1~10の関税割当てごとに、申請手続きを行ってください。

(注意)通関数量が割当数量の90%未満の場合は、次々年度の申請数量にペナルティがかかるので、計画的に申請してください。

消化率に対するペナルティや1申請者あたりの申請上限数量などの詳細については、関税割当公表をご確認ください。

1.シュレッド原料用フレッシュチーズ(TWQ-JP8)

2.バター(TWQ-JP9)

3.脱脂粉乳(TWQ-JP10)

4.粉乳及びバターミルクパウダー(TWQ-JP11)

5.無糖れん乳(TWQ-JP16)

6.加糖れん乳(TWQ-JP17)

7.オーストラリアのプロセスチーズ(CSQ-JP15)

8.ニュージーランドのプロセスチーズ(CSQ-JP16)

9.ホエイ(オーストラリアの無機質を濃縮したもの)(CSQ-JP18)

10.ニュージーランドのホエイ(CSQ-JP21)

お問合せ先

生産局畜産部牛乳乳製品課

担当者:大谷、酒井、山田
代表:03-3502-8111(内線4930)
ダイヤルイン:03-6744-2127
FAX番号:03-3506-9578

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader