このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農薬が含まれる食品を食べても大丈夫?

掲載日:平成20年8月29日
最終更新日:平成29年11月24日

様々な農作物の写真

国は、それぞれの農薬について、どんな毒性がどのくらいあるか1、使うと農作物にどのくらい残るかなどについて確かめた上で、基準値農薬の適切な使い方2を決めています。このように、食品を食べても健康に悪い影響が出ないよう、基準値が適切かどうか確認されていますし、食品に残る農薬の量を抑えるような使用法が決められています。

 

 

コラム

3. 使われた農薬はぜんぶ農作物に残るの?

4. 農作物を作るとき、農薬のほかに気を付けているものは?

5. 環境に出てしまった農薬による影響は?

脚注

(1)それぞれの農薬は、毒性について次のことが調べられています。

  • 長期間にわたってわずかな量の農薬が体に取り込まれ続けたとき、どんな毒性がどのくらいあるか
  • 農薬が一度に体に取り込まれたとき、どんな毒性がどのくらいあるか
  • がんを発生させるかどうか
  • 胎児に影響があるかどうか

など

(2)農薬ごとに、使い方について次のことが決められています。

  • どの農作物に使えるか
  • 使う量と回数はどれくらいか
  • 農作物を収穫する何日前まで使えるか

など

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課

担当者:情報発信企画・評価班
代表:03-3502-8111(内線4474)
ダイヤルイン 03-3502-5719
FAX03-3597-0329