このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品に含まれる農薬は検査されているの?

掲載日:平成29年11月24日

輸入食品は、まず、日本の港や空港に着いた時点で、厚生労働省の検疫所によって調べられます。検疫所は、書類を審査したり、輸入食品を抜き取ってそれらに含まれている農薬の有効成分(殺虫や殺菌の効果を持つ成分)の濃度を検査したりします。基準値を超えているものが見付かったときは、廃棄されたり、輸出した国に戻されたりします。

また、保健所などは、国内で流通している食品を抜き取り、それらに含まれている農薬の有効成分の濃度を検査しています。基準値を超えている食品が見付かったときは、回収されたり、廃棄されたりします。国内の生産者に対して、農薬を適切に使うよう指導が行われることもあります。

平成26年度は314万件の検査が行われ、農薬が基準値を超えて検出された件数は282 件でした。

厚生労働省:食品中の残留農薬等

食品に含まれる農薬の有効成分の濃度を調べるときは、数多くの手順をふみます

  1. 試料を切り刻みます
    試料を切り刻みます
  2. さらに細かく刻みます
    さらに細かく刻みます
  3. 溶媒を加えます
    溶媒を加えます
  4. 不純物を取り除きます
    不純物を取り除きます
  5. 不要な溶媒を取り除きます
    不要な溶媒を取り除きます
  6. 機械で分析します
    機械で分析します

輸入食品の安全確保対策についてもっと知りたい方は・・・

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課

担当者:情報発信企画・評価班
代表:03-3502-8111(内線4474)
ダイヤルイン 03-3502-5719
FAX03-3597-0329