このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

稲(いね)の栽培(さいばい)に適(てき)した気候条件(きこうじょうけん)をおしえてください。

こたえ


稲は寒さに弱い作物ですから、日本の場合は、夏季(開花期(かいかき))の最低気温が問題となります。
一般的(いっぱんてき)には、開花前の約2週間の最低気温が17度以下になると花粉が奇形(きけい)となりお米が実らなくなります。
開花期の最低気温がこれ以下になるようですと、栽培は困難(こんなん)になります。
また、1日のうちで最高気温と最低気温の差が大きい方がおいしいお米がとれることが知られています。

出典
北海道立総合研究機構農業研究本部 道南農業試験場 Q&Aお米
https://www.hro.or.jp/list/agricultural/research/dounan/qanda/kome.htm


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115