このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

野菜(やさい)がとれすぎた場合(ばあい)や極端(きょくたん)に不作(ふさく)になった場合、どのようにするか

こたえ


食生活上重要(じゅうよう)な野菜(やさい)については、価格(かかく)が高くなったり、安くなったりしないよう、国(農林水産省)が、農協(のうきょう)の集まりである全農(ぜんのう)に生産目標数量(せいさんもくひょうすうりょう)を示(しめ)して適正(てきせい)な量(りょう)の生産をしてもらう制度(せいど)があります。 .また、全農は、各県、各生産地と協力(きょうりょく)しながら、毎月、生産地からの出荷量(しゅっかりょう)が多すぎたり、少なすぎたりしないよう、作付けから出荷に至(いた)るまでの調整(ちょうせい)をしています。それでも、野菜は天候(てんこう)(台風、長雨など)により、生産量が大きく左右されますので、次のような緊急措置(きんきゅうそち)を実施(じっし)しています。 野菜がとれすぎた場合は、ふつうは、その価格は下がります。そこで、野菜の価格が一定の価格以下になった場合は補てん金を支払うことにより、生産農家が翌年(よくねん)以降(いこう)に野菜の作付けをやめてしまい、反対に、価格が高くなりすぎることのないようにしています。 台風が来たりして不作になった場合は、国といっしょに野菜対策(たいさく)を行っている団体である「野菜供給安定基金(やさいきょうきゅうあんていききん)」で保管(ほかん)している野菜を安い価格で売りわたしたり、海外からの緊急輸入(きんきゅうゆにゅう)の呼びかけをしたりします。


令和元年にデータの見直しをしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115