このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

天敵(てんてき)農薬(のうやく)についておしえてください。

こたえ


天敵というのは、一般(いっぱん)に、自然界(しぜんかい)で2種類(しゅるい)の動物のあいだで、片方がもう片方を一方的(いっぽうてき)に食べるという関係(かんけい)がある場合(ばあい)に、食べられる側(がわ)からみて食べる側の動物をさすことばです。アブラムシを食べるナナホシテントウムシが有名(ゆうめい)ですが、クモやトンボ、ハチの仲間(なかま)もたくさんの害虫(がいちゅう)を食べます。したがって、これらも広い意味(いみ)では天敵農薬といえますが、農林水産省に農薬登録(のうやくとうろく)されている天敵は、2015(平成27)年3月31日現在(げんざい)、20種類(しゅるい)となっています。

出典
農林水産消費安全技術センター(FAMIC)広報誌 大きな目小さな目(NO,41)
http://www.famic.go.jp/public_relations_magazine/kouhoushi/index.html


令和元年にデータの見直しをしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115