このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

二期作(にきさく)や二毛作(にもうさく)は全国どこでもできるかおしえてください。

こたえ



日本の気候は、夏にイネ、冬はムギを作るのに適していることから、年内の異なる時期にこの2つの作物を交互に同じ田んぼで作っていて、これを二毛作といっていました。
二期作は、同じ田んぼでイネを1年に2回作ることで、沖縄県(おきなわけん)のようによほどあたたかいところでないとできませんでした。
もともとはおもに田んぼの農業で使われていたことばです。
今では、どちらのことばもイネやムギ以外の作物の栽培でも使われ、 二期作は、同じ場所で同じ作物を1年に2回栽培し、収穫することです。

また、二毛作は、年内の異なる時期に同じ場所で2つの作物を連続的に栽培することです。
同じ田んぼや畑で1年に2回、それぞれの土地に合った作物をえらべば、ほとんど日本のどこでもできます。
春にジャガイモを植えて夏に収穫(しゅうかく)した畑に、秋になったらほうれん草の種をまくなど、連作障害(れんさくしょうがい)に注意して作物同士の相性(あいしょう)も考えて作付けすることもできます。

参考

「そだててあそぼう7 ムギの絵本」農文協
「農業技術事典 NAROPEDIA」編著:農研機構、発行:農文協

令和3年更新

消費者の部屋



お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115