このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

稚魚(ちぎょ)を放流(ほうりゅう)して魚を増(ふ)やそうとしていると聞(き)きましたが、どのようなものを放流しているのかおしえてください。

こたえ


魚類(ぎょるい)では、マダイ、ヒラメ、クロダイ、カレイなど約40種類(しゅるい)の稚魚を放流しています。ちなみに同様(どうよう)の目的で、甲殻類(こうかくるい)はクルマエビ、ガザミ、ヨシエビなど約15種類を、貝類はアワビ、ホタテガイ、アカガイなど約20種類を、その他、ウニ、コブシメなどを卵(たまご)から孵化(ふか)した後、少し育(そだ)ててから放流しています。


平成12年7月にお答えしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115